ダンプトラックのCADデータをお探しですね。

広告

ダンプトラックCADデータ

●CAD フリーデータ/油圧ショベル・バックホウ・ユンボ・生コン車など
http://demo.server-queen.jp/osusume/cad/data/01kenkikai.htm

●使える CAD フリーデータ / バリケード、ビケ足場、立ち馬、交通誘導員など
https://51kz.sakura.ne.jp/maro-cad/

●CAD フリーデータ/自動車・車いす・自転車・バイクなど
http://demo.server-queen.jp/osusume/cad/data/06car.htm

●ダンプ トラック | CAD-DATA.com
https://www.cad-data.com/search.cgi?w=%A5%C0%A5%F3%A5%D7+%A5%C8%A5%E9%A5%C3%A5%AF

●建設機械イラスト集「荷役・運搬機械」 | 西尾レントオール株式会社
http://www.nishio-rent.co.jp/product/illustration/liiustrationcargo/

●ダンプトラック CADデータ
https://51kz.sakura.ne.jp/maro-cad/convmac/dumtra3.htm

●無償CADデータ | アクティオ | 提案のある建設機械・重機レンタル
https://www.aktio.co.jp/products/cad/

●CADデータ一覧
http://www.revokyoukai.co.jp/cad/cad.html

●トラック CADデータ、2t 4t 6t 8t 10t | 建設部門のソフトウェアとCADデータ 『建設上位を狙え』
https://constupper.com/truck01/

●ダンプトラック CADデータ、軌跡、日野、三菱 | 建設部門のソフトウェアとCADデータ 『建設上位を狙え』
https://constupper.com/truck02/

●ダンプカー│ユニック車│ポンプ車/建築
http://www.kentikulink.net/cadcad/d-23/index02.html

●ユニック車 CADデータ、クレーン付きトラック | 建設部門のソフトウェアとCADデータ 『建設上位を狙え』
https://constupper.com/unic01/

●CAD フリーデータ/建設機械別・車両別、クレーン・高所作業車など
http://demo.server-queen.jp/osusume/cad/data/02kenkikai.htm

●フカダソフト
http://www2.odn.ne.jp/fukadasoft/index.html

●ダンプトラックのCADデータを探すコツ、見つからない場合に大事なこと | 建設部門のソフトウェアとCADデータ 『建設上位を狙え』
https://constupper.com/truck-cad-228/

●ダンプ | CAD-DATA.com
https://www.cad-data.com/search.cgi?w=%E3%83%80%E3%83%B3%E3%83%97&ext=jww

●CAD-DATA.com | CADデータ共有サイト
https://www.cad-data.com/

●ISUZU:主要諸元・車両外観図・旋回軌跡図
https://www.isuzu.co.jp/cv/data/index.html

ルートも要打ち合わせ

ダンプが通れない道路も存在します。

普段から道を研究する時間も設けなければならないかもしれません。

ルートの打ち合わせをして、この道なら大丈夫だと確信できるようになるといいですね。

過積載に気をつけて

効率を考えると過積載しようかと思う事もあるかもしれませんが、発覚すると仕事ができなくなる恐れがあります。

法令遵守で行きましょう。

AutoCADのデータは変換

AutoCADのデータをJw_cadで扱うには変換する必要があります。

AutoCADをお持ちであれば、R12のDXF形式に変換するとJw_cadで開ける可能性があります。

その他JacConvertという変換ソフトがあり、シェアウェアですが試用もできます。

こちらをすすめている人もいます。

●Jac Convertの紹介
http://yakushima-tonbo.com/aj_dxf/jacconvert.htm

長期保存も検討を

入手した使いやすいデータや、作ったデータは長期保存に適した保存媒体に入れて保管しておくと良いでしょう。

MOやミラーリングのNASや外付けハードディスクやM-DISCが良いでしょう。

ダンプの運転はひ弱な人にはつとまらない

昔トラック野郎というドラマか映画がありましたが、私を含めてひ弱な人間は、ダンプの運転には向いていないイメージがあるので、合った仕事を探した方が本人や関係者のためになるでしょう。

ダンプの運転は人を選ぶ

ダンプの運転は誰でも出来るわけではないと思います。

高度な判断能力も必要ですし、道を多く覚えられる記憶力も、何かあった時は腕力も必要でしょう。

ちょっと考えただけでも、私ではできなそうです。

誰もが何でもできるわけでもないし

誰もが何もかもできるようにはなりません。

教育にかける時間も限界がありますし、人により得意不得意が出てくるのは仕方の無い事です。

自分なりの仕事を探さないと

最後は自分なりに仕事を探すしかないのでしょう。

マニュアルもすべてではありません。

運転が仕事だと車にも詳しくならなければ

車を運転する仕事もやっていたことがあるのですが、職場の人は皆それなりに知識を持ち合わせているものでした。

私は昔も今もどうも車の仕組みを覚えるのは好きになれません。

近場を移動するときは車が好きなのですが。

タイヤ交換が大変

大きい車のタイヤ交換は大変です。

整備工場に交換をお願いするか、専門の人にやってもらった方がいいような気がします。

軽なら手軽に交換できるのですが。

腕力も必要

力仕事を伴う時は、非力な私では仕事にならないでしょう。

何でも機械がやってくれるわけでもないですし。

これだけあればきっと選べる

上記サイトがすべてではありません。

キーワードを変えて検索されれば、もっとたくさん出てくると思います。

頑張ってベストの絵を見つけましょう。

どんな絵が良いか前もって想像

用途によりふさわしい絵が決まってくると思います。

実際に探してみるとそれよりいい絵も出てくるかもしれません。

一応イメージしておけば頭にも残りやすいですし、時短にもなります。

探索のリミット時間を決めると早く探せる

作業の締め切りを考えないで探し始めると、だらだら探しがちです。

探索の終了予定時刻を決めておくと、優先順位をつけて探したり、遅くても時間が少し過ぎたぐらいで打ち切るので、時短につながり質も上がるかもしれません。

いいサイトが見つかったらブックマークを

いいサイトが見つかったら、再度見れるようにブックマークあるいはお気に入りに登録しておいた方がいいでしょう。

実際には見に行く事は少なかったりするのですが。

探すのは大変だけど頑張って

何回もリンクをクリックして探すのも大変ですが、いろいろなデータをたくさん見なければ、どれが一番いいのかわかりません。

頑張りましょう。

データの長期保管もお忘れ無く

苦労してやっと見つけたデータや、作ったデータは、紛失したら2度と使えなくなるかもしれません。

いいデータを入手したら、長期保管も怠らないようにしましょう。

ネット上のコンテンツは、サイトの保有者の都合でいくらでも閉鎖してしまいます。

同じデータは二度と手に入らない場合がある事を、頭の片隅においておきましょう。

使いやすさや長期保持性等考えストックしておきましょう。

3種類の記憶メディアに保存できると最強です。

いずれも紛失には注意しましょう。

積み上がるって大事

仕事を長期間続けて、やっとたどり着く境地も有るかもしれません。

私は渡り鳥なので見られない景色も、新卒から同じ職場で働き続けている人には見えている世界もあるのかもしれません。

他には

検索してみると、トラックボールやグラウンドのトラックについても出てきます。

どちらもトラックの一種である事には変わりは無いのですが。

私はトラックボールは使わないですね。

マウスとキーボード派です。

グラウンドのトラックは頑張って別に探すか、自作しましょう。

トラックなら何でもいいという人も

トラックにもいろいろなメーカーや製造時期、車名等でいろいろな形があると思います。

トラックに見えれば充分だという用途もあるかもしれません。

そのような時は、データ探しにはあまり時間をかけず、他の事に時間を使いましょう。

図面ができ上がるといいですね

図面が無事でき上がって、役目を果たしてくれると幸いです。

メーカーサイトで探す

メーカーと機種が決まっていれば、メーカーサイトで具体的な数字がわかるかもしれません。

CADデータから拾う

10tダンプと思われるCADデータが有れば、CAD操作で知りたい数字の概算値が入手できるかもしれません。

現場までどれぐらい近づけるか気になる

どうして寸法が必要になったのか、様々なケースがあると思います。

10tダンプが現場にどれぐらい近いところまで行けるのか、現場までの道が狭い時は気になるでしょう。

ダンプの免許が必要

たぶん普通自動車免許では駄目でしょう。

近年改正があったのでよくわかりませんが。

ある程度、どこかで経験していないと、実務ではおっかなびっくりでしょうけど。

運転が苦手な方はやらない方が

いつもやっとの事で運転をしている人は、ダンプの運転には手を出さない方がいいでしょう。

私もその一員ですが。

出来る人は経験しておくといいかも

ダンプは建設現場でよく見かけます。

出来る人は経験しておくと万が一失業した時に、仕事に就く方法の一つになります。

まだダンプが無人化される時代まで時間はありそうですし。

頑張って選ぼう

サイトがたくさん有って探すのは大変ですが、きっと使いやすいデータもこれだけ選べれば有ると思います。

図面が完成するといいですね

図面の要件を満たしているかも大事な事です。

落ちがないか見直しましょう。

最初のうちは特に気をつけましょう。

ここで悪い癖が付くと、後々まで大変です。

図面が完成してもデータ整理は怠らずに

図面が完成してもデスクトップを整理しておかないと、気がついた時にはファイルがどこに行ったかわからないという事もよくありがちです。

整理と保管は怠らないようにしましょう。

今日も安全に

今日も無事に現場の仕事が進むと良いですね。

広告