Jw_cadを64BitWindowsで動かす方法をお探しですね。

広告

Jw_cadをダウンロードできるサイト

↓主要ダウンロードサイトを3件紹介します。

↓こちらのサイトで最新版とバージョン7.11をダウンロードできます。
●ダウンロード
http://www.jwcad.net/download.htm

↓窓の杜ならこちらです。
●「Jw_cad」定番の無料2次元CADソフト – 窓の杜
https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/jwcad/

↓Vectorならこちらです。
●Jw_cad for Windowsの詳細情報 : Vector ソフトを探す!
https://www.vector.co.jp/soft/winnt/business/se070945.html

Jw_cadの64ビット版は無い

Jw_cadの64ビット版を探したのですが見つけられませんでした。
そもそも聞いた事もありませんが。

Jw_cadは64ビット版Windowsで使えるのか

Jw_cadはWindows用としては32ビット版のみ用意されています。

64ビット版Windowsで使えるかという事ですね。

私も実験としてJw_cadバージョン7.11をWindows10Proの64ビット版で使っていますが、問題なく使う事ができています。

安心して使えると思います。

64ビット版Windowsは古い外部変形が動かないケースも

ただ64ビット版Windowsでは、昔の外部変形が上手く動かないケースが報告されています。

古い外部変形は、昔のWindowsやDOSの環境を捨てずに使い続けると良いでしょう。

ただしインターネットにはつないではいけません。

セキュリティの脆弱性からウイルスに感染する恐れがあります。

64ビット環境のメリットは、4GB以上の大容量メモリを認識してくれるのが一番でしょう。

そのため8GBぐらい積んでいれば、昔のソフトも軽く動いてくれます。

現在は自作パソコンでは64GBまで積めるマザーボードも売られていますが、本当に64GBも積む人はまだ少数派でしょう。

たくさん積んだからといって倍速で動いてくれるわけでも無いですし。

普通に使う分には8GBも有れば充分なような気がします。

時代が進んだらもっとメモリが必要になるかもしれませんが、それはその時考えればいいような気がします。

Windows10の時代が今後も何十年も続き、買い換えもしないで済めばいいのですが、サポート期限が公表されている事からして、どうなるかはわかりません。

64Bit版WindowsでJw_cadは使えるのか

64Bit版のWindowsでもJw_cadは使えます。

実際私もWindows10Proの64Bit版でJw_cadを時々使いますが、特に気になる点もなく使っています。

古い外部変形が動かない場合があるというのは聞いた事がありますが、私のレベルではわかりません。

インストールは簡単

インストールはダウンロードしたファイルのアイコンをダブルクリックして指示に従っていけば簡単にできます。

古い外部変形を動かしたい方はWindows2000あるいはWindowsXPのパソコンを用意し、Jw_cad7.11をインストールしておくと良いでしょう。

こちらの方が最新のWindowsよりも古い外部変形が動く可能性は高いと思います。

上手にインストールすれば、DOS版のJw_cadもインストールできるそうです。

↓こちらの方法がDOS版のJw_cadをインストールする時に参考になると思います。
●Jw_cadの導入
http://yakushima-tonbo.com/jw_cad/jwcinst.html

もうWindows2000のサポートが終わって10年、WindosXPのサポートが終わって6年が経つのですね。

2000もXPもいいOSだったのですけどね。

まだ伸びしろがあったという事ですね。

時の流れは無情に速いものです。

歳を取ると尚更です。

若い人も歳を取った人も今を大切に生きましょう。

Windows7の64Bit版で動作するか

・動作する可能性が高い

ネットで調べた限り、Windows7の64Bit版でJw_cadは動くようです。

問題があってもWindows7が発売されてからかなり時間が経っているので、大方問題は解決されていると思います。

・試している人が多い割に不具合報告が無い

不具合報告は特に見つかりませんでした。

XPで使った方がパフォーマンスが出るという書き込みぐらいでしょうか。

Jw_cadを使う必要のある人は試した方が良い

既にWindows7の64Bit版の環境をお持ちで、試してみたい人は覚悟ができたらインストールした方が良いと思います。

パソコンはやってみないとできるかできないかというものはわからないものです。

ソフトウェアを開発している人も、頭の中でアルゴリズムを練りますが最終的には動いたらOK、動かなかったら修正の繰り返しですから。

・7.11が良いのでは

7.11が安定版です。

Meを除くWindows2000以降のWindowsOSに対応しています。

かなりテストされているはずです。

このバージョンで駄目なら最新版を試すと良いでしょう。

私の場合、Windows10Pro64Bit版でJw_cad 7.11をインストールして時々使いますが、今のところ気になる問題は発生していません。

動かなかったら症例で検索

今は文章を検索窓に入れてもそれなりの検索結果が出てきます。

気軽にお試し下さい。

・違うバージョンも試そう

バージョンを変えて入れ直すと、問題が解決されるかもしれません。

・最悪の場合、OSハードの入れ替えか

いろいろやって駄目ならOSやマシンの入れ替えでしょうか。

そんな事は無いとは思いますが。

これから買うのでしたらWindows10Pro64Bitのマシンが良いでしょう。

新しくてハイスペックなパソコンを買う事で長期間使い続ける事ができます。

安いパソコンを短期間で買い換えを繰り返しても満足度も高くないですし、家中使わないパソコンだらけになります。

使わないパソコンもなかなか捨てられないですからね。

私もパソコン好きな人間なのでハイスペックなパソコンを使いますがそれでも部屋にパソコンが何台も並んでしまいます。

個人的にはロースペックなのは置く気は無いですね。

CPUはCore i7、メモリは8GB、ハードディスクは500GBがおすすめです。

Jw_cadをダウンロード

まずはJw_cadをダウンロードしましょう。

検索エンジンで”jwcad ダウンロード”のようなキーワードで探すといくつかダウンロードサイトが出てくると思います。

アドレスを見て、自分が最も信頼できるサイトからダウンロードすると良いと思います。

上位に出てくるようなサイトなら大丈夫である事が多いのですが。

Jw_cadはWindows8.1の64Bit版で動作するか

さてこれが一番問題ですね。

Jw_cadをWindows8.1の64Bit版にインストールして使えるかどうかです。

いろいろサイトを見ますが、多分大丈夫でしょう。

インストールしてみてから対処法を探しても良いと思います。

最近のバージョンであればそれなりに多くの人が動作テストをかねて使用しているので、何か問題が発生していれば、多くの内容が対処されていると思います。

多分うまくいくのでトライしよう

前にも書きましたが、できるかできないか不安かもしれませんが、やってみましょう。

おすすめバージョン

おすすめのバージョンは7.11または最新版です。

7.11は少し古いですが安定しているバージョンで私のWindows10Proのマシンでも特に気になるほどの問題は発生していません。

Windows2000以降に対応していてかなりチェックされているようです。

それで駄目なら最新版でしょうか。

そろそろWindows10に移行してみては

今人気のWindowsは7または10で徐々に10の割合が増えているところです。

Widnows10は半年ごとに無料アップデートを行っており、その度に環境が壊れないか不安になりますが、今後は職場のPCもWindows10を使うようになると思うのでその準備として自宅でも導入しています。

そんなうんちくもありますが、ただ新しい物を使ってみたい。

それだけの理由であるのかもしれませんが。

メモリは8GBが最近のパソコンの標準みたいです。

都合が有って古いバージョンを使いたい時

・中古PC

中古パソコンショップで古いパソコンを買ってきて、使える状態にセットしておけば万が一古いJw_cadや外部変形を使いたくなった時に役立つと思います。

・仮想環境

仮想環境を導入すれば特に部屋の中でスペースも取りません。

ハードディスクを消費するぐらいです。

パッケージ版の古いWindowsを用意する必要が出てきますが、頑張って入手しましょう。

基本は思った通りにやってみよう

いろいろ書きましたが、パソコン物はつないだりボタンを押せば結果はかえってきます。

同じ事をすれば人が違っても同じような結果になると思います。

失敗しても少額のお金を失うだけですし、苦労して何かできたときの達成感はあります。

最近のバージョンなら問題なく使えるのでは

結論から言うと、Jw_cadは最近のバージョンであれば、Windows8.1でも問題なく使えると思います。

Jw_cadのオフィシャルサイトでも、窓の杜でもWindows8系で使えるとなっています。

私はWindows10でVer7.11を使っていますが、今のところ問題なく使う事ができています。

予想ですが、Windows8.1のサポートが終わるぐらいまでは使えるのではないでしょうか。

7.11でも最新版でも、お好きな方をインストールして使うといいと思います。

あとJw_cadをWindows8.1の64Bit版にインストールして使えるかどうかです。

いろいろサイトを見ますが、多分大丈夫でしょう。

インストールしてみてから対処法を探しても良いと思います。

最近のバージョンであればそれなりに多くの人が動作テストをかねて使用しているので、何か問題が発生していれば、多くの内容が対処されていると思います。

今しかWindows8.1は体験できないが

Windows8.1もいずれサポートが終わり、ネットにつなげて使うのがセキュリティ上推奨されなくなっていくと思います。

ネットにつながなければいつまでも使えるのですが、今のご時世パソコンを使うとネットも見たくなるものです。

Windows8系のOSは独特の画面構成になっていて、なかなか物珍しい感じでした。

ネット上で調べると、現在はWindows8系のOSを使っている人は少ないみたいです。

今までのWindowsに飽きてしまっている人には、斬新なインターフェースは意外といじりがいが有っていいOSなのかもしれません。

OSのサポートが終わるとセキュリティパッチのインストールもできなくなるので、Windows8.1好きの人は今を堪能しましょう。

個人的には、Windows8.1をあまり使わないうちにWindows10に移行してしまいました。

それにしてもWindows8.1をカスタマイズするフリーソフトが流行っていました。

カスタマイズソフトの限界を知ったら、何もカスタマイズツールを使わない環境でどうやって操作するといいのか研究するのも面白いでしょう。

私は、デスクトップにアプリケーションソフトのショートカットを並べて使うという結論にたどり着きました。

そろそろWindows10はいかが

Windows8.1もいいのですが、そろそろWindows10への移行も検討した方がいい時期かもしれません。

最新OfficeスイートのOffice2019は、Windows10のみ対応という情報が出ています。

Officeはどこの会社でもWord/Excelでおなじみの製品です。

これを使うために会社がパソコンをWindows機にしているところも多いでしょう。

きっと数年後はWindows10一色となると思います。

その日に備えて自宅でもWindows10に慣れておくと、会社のパソコンが新しくなってもスムーズに移行できるはずです。

いろいろ情報を見ているとWindows8.1を使っている人は少ないみたいです。

私は普段Windows10を使っているのですが、Windows8.1よりWindows10の方が先祖返りしていて使いやすい感じです。

スタートボタンもそれなりに使えますし。

設定機能が増えすぎて、なかなかたどり着かなかったりするのが困った事ですが。

半年に一回のメジャーアップデートは、自宅のパソコンで練習しておいた方がいいでしょう。

たまにアップデートに失敗する事もあります。

いきなり会社の自分のパソコンで失敗すると困った事になります。

広告