ミキサー車のCADデータをお探しですね。

広告

ミキサー車のCADデータ

●CAD フリーデータ/油圧ショベル・バックホウ・ユンボ・生コン車など
http://demo.server-queen.jp/osusume/cad/data/01kenkikai.htm

●ユニック車 CADデータ、クレーン付きトラック | 建設部門のソフトウェアとCADデータ 『建設上位を狙え』
https://constupper.com/unic01/

●CAD フリーデータ/建設機械別・車両別、クレーン・高所作業車など
http://demo.server-queen.jp/osusume/cad/data/02kenkikai.htm

●フカダソフト
http://www2.odn.ne.jp/fukadasoft/index.html

●生コン車 ミキサー車 | CAD-DATA.com
https://www.cad-data.com/search.cgi?w=%C0%B8%A5%B3%A5%F3%BC%D6+%A5%DF%A5%AD%A5%B5%A1%BC%BC%D6

●生コン車 | CAD-DATA.com
https://www.cad-data.com/tag/%E7%94%9F%E3%82%B3%E3%83%B3%E8%BB%8A.html

●ミキサー車│ラフテレーンクレーン車│油圧ショベル/建築
http://www.kentikulink.net/cadcad/d-23/index.html

●運搬車両のCADデータをダウンロードできるサイトを、教えてください。 – CAD情報、そうだ此処に相談だ。
http://qatoz11.blog.fc2.com/blog-entry-9.html

●コンクリートミキサー車 CAD図面データ | 建設部門のソフトウェアとCADデータ 『建設上位を狙え』
https://constupper.com/mixer01/

●無償CADデータ | アクティオ | 提案のある建設機械・重機レンタル
https://www.aktio.co.jp/products/cad/

●ミキサー車、アジテータ車、生コン車
https://51kz.sakura.ne.jp/maro-cad/convmac/agitat3.htm

●おすすめ使える、CADデータ。建設機械、自動車・人物・樹木など。: ミキサー車、コンクリートミキサー車、アジテータ車、生コン車 お役立ち、CADフリーデータ
http://cadrom.freesoft-az.com/2014/09/cad_85.html

●ミキサー車、アジテータ車、生コン車 – 樹木・家具・車、建設機械、交通整理員、住宅機器などのCADデータ。
http://nandmo33.blog.fc2.com/blog-entry-25.html

●CAD フリーデータ/自動車・車いす・自転車・バイクなど
http://demo.server-queen.jp/osusume/cad/data/06car.htm

●ミキサー車・アジテータ・生コン車のCADデータ、使用上の完全ガイド | 建設部門のソフトウェアとCADデータ 『建設上位を狙え』
https://constupper.com/mixertruck-cad-527/

●生コン車・ミキサー車 CADデータ、アジテータ車 | 建設部門のソフトウェアとCADデータ 『建設上位を狙え』
https://constupper.com/mixer02/

●使える CAD フリーデータ / バリケード、ビケ足場、立ち馬、交通誘導員など
https://51kz.sakura.ne.jp/maro-cad/

●仮設図用重機図形データの詳細情報 : Vector ソフトを探す!
https://www.vector.co.jp/soft/dos/business/se028225.html

●CAD フリーデータ/工事看板・バリケード・セーフティーコーンなど
http://demo.server-queen.jp/osusume/cad/data/11kanban.htm

●ミキサー車 | CAD-DATA.com
https://www.cad-data.com/tag/%E3%83%9F%E3%82%AD%E3%82%B5%E3%83%BC%E8%BB%8A.html

●CADリンク集/ミキサー車・mixer、アジテータ車・生コン車 | フリーソフト・CADデータのダウンロードサイトさがしは、こんなに面白い
https://much-data.net/cad-mixer3

●コンクリートポンプ車 CADフリーデータのダウンロード: 建設機械、建設作業員、自動車・人物・樹木などのCADデータ。
http://cadmro.freesoftz.net/article/404967266.html

広く浅く探そう

サイトがたくさん見つかると思うので、全部隅々まで探すのは時間の制約もあって難しいと思います。

自分の勘を信じましょう。

いくつか候補をダウンロード

ダウンロードは1つでなければならないという決まりはありません。

少しでも使えそうと感じたデータはダウンロードしましょう。

せっかく入手したデータは長期保管を

入手したデータは、もう2度と手に入れられないかもしれません。

そもそもダウンロードしたサイトに戻るだけでも、ブックマークやお気に入りの登録が無ければ戻れないでしょう。

長期保存のデバイスは、MOやミラーリングのNASがおすすめです。

回転方向も重要

ミキサー車を正面から見て、左に回ってたら排出で、右に回ってたら撹拌状態だそうです。

安全運転で

事故に気をつけるのが一番大切な事です。

横転事故は、死亡する可能性が極めて高く、積み荷も固まるものを積んでいますので、後処理が大変です。

カーブでの急ハンドルと急加速に注意しましょう。

経験を積み重ねるしか

現場を数経験して覚えていくしかないでしょう。

できると見越して仕事が任されているので、能力的には充分とされていると思います。

時間厳守の仕事

現場の到着時刻も厳守ですし、材料をミキサー車に入れる時刻も計算して決められるのでしょう。

プライベートも自然と時間厳守に

出勤時刻・作業時刻も毎日計算で決まっていて、プライベートも自然と時間厳守となっていくと思います。

早出・残業の日もありますし。

どの仕事でも守らないとならない事はある

ミキサー車の仕事の人に限らず、どんな仕事でも何かが生命線となっていて守らなければならない事はあると思います。

見えるものと見えないものがありますが。

運転は気をつけて

生コン車は重心が高くなる事を避けられません。

曲がる時はスピードを下げた方が安全でしょう。

時間の戦い

コンクリが固まる時刻を計算して、積載・移動の時間をスケジュールしなければならないでしょう。

季節によっても進行が変わってくるので、計画を立てるには長年の経験も必要なのでしょう。

今日も安全に

今日も無事に現場の仕事が進むと良いですね。

メーカーサイトも行ってみては

重機図形はメーカーサイトのダウンロードコーナーに行くと、カタログやCADデータが見つかる場合があります。

ダメ元で行って見るのも良いと思います。

図面になじませる加工も

線幅や図形のサイズを図面に合わせて加工する事も必要な場合があるかもしれません。

また一つ技が増えますね。

入手作成したデータは長期保管を

ネットから入手したファイルや作成したファイルはこの先再度同じものを用意できるかはわかりません。

長期間保存できそうなメディアに保存しておきましょう。

保存先は今ならミラーリングのNASがいいと思います。

普通に周辺機器メーカーから買ってもいいですし、DS218jのようなNASキットを用意するのも良いですね。

セメントの配合加減って難しい

私も昔、仕事でセメントと水を混ぜて固める作業をした事があるのですが、あまり慣れていないと目分量で粉と水を混ぜてもいいぐらいの硬さにならず、無駄に作った事がありました。

慣れている人なら一回でできるのでしょうけど。

専門家が配合すれば失敗は無いのだろう

専門家が分量を量れば、気温や湿度を考慮して、失敗は無いのかもしれません。

昔は何か失敗した事があって、より良くしようと心がけて今があるのでしょう。

もっと上手に配合しようと思い続けると面白いのかも

傍から見て成功した配合のようでも、もっと良くしようと思い続けて、いい配合ができたりすると面白いのかもしれません。

安全運転を

生コンを積んでいると急に止まる事ができないと思います。

普通の車より安全寄りに運転しないと大事故につながるかもしれません。

時間厳守

現場の作業時間も移動時間や材料投入時刻も計算し尽くさなければなりません。

生コンの配合に失敗が許されない

生コンの配合割合も季節や材料の種類で計算して決めなければならないでしょう。

時間との闘い

現場の指定時刻に間に合わせなければなりませんし、固まる時刻を読んで作り始めなければなりません。

きつい仕事です。

安全に

重心の高い車なので、横転しないよう気をつけてカーブをまわらなければなりません。

通れる道しか通れない

狭すぎる道は当然通れません。

ぎりぎりの幅もあるでしょう。

曲がり道の判断は難しそうです。

テープで測るだけでは判別が難しそうです。

余裕を見る事も必要

余裕が無いと車のどこかを擦って使い物にならなくなるかもしれません。

運転手の技量も考えて余裕を考えましょう。

住宅密集地はシビアかも

住宅密集地は通れないところも多いかもしれません。

車が奥まで進んでからバックで戻るのも大変でしょう。

うまくいくといいですね

図面を作る人も作業に当たる人も事故無く仕事ができるといいですね。

広告