ユニック車のCADデータをお探しですね。

広告

ユニック車のCADデータ

●使える CAD フリーデータ / バリケード、ビケ足場、立ち馬、交通誘導員など
https://51kz.sakura.ne.jp/maro-cad/

●CAD フリーデータ/建設機械別・車両別、クレーン・高所作業車など
http://demo.server-queen.jp/osusume/cad/data/02kenkikai.htm

●CAD フリーデータ/油圧ショベル・バックホウ・ユンボ・生コン車など
http://demo.server-queen.jp/osusume/cad/data/01kenkikai.htm

●建設機械イラスト集「荷役・運搬機械」 | 西尾レントオール株式会社
http://www.nishio-rent.co.jp/

●CADデーター【移動式クレーンの辞典】
http://www.hitati.co.jp/CAD/GR600N200B.dxf

●無償CADデータ | アクティオ | 提案のある建設機械・重機レンタル
https://www.aktio.co.jp/products/cad/

●ユニック | CAD-DATA.com
https://www.cad-data.com/search.cgi?w=%A5%E6%A5%CB%A5%C3%A5%AF

●ユニック | CAD-DATA.com
https://www.cad-data.com/search.cgi?w=%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF&ext=dxf

●古河ユニック株式会社
http://www.furukawaunic.co.jp/

●ユニック車 CADデータ、クレーン付きトラック | 建設部門のソフトウェアとCADデータ 『建設上位を狙え』
https://constupper.com/unic01/

●CAD フリーデータ/自動車・車いす・自転車・バイクなど
http://demo.server-queen.jp/osusume/cad/data/06car.htm

●CADデータ一覧
http://www.revokyoukai.co.jp/cad/cad.html

●MISCELLANEOUS DATA STORAGE 2 for CAD Drawings: [JWS/DWG] 4t ユニック 4段 10mブーム
http://miscellaneous-data-storage2.blogspot.com/2018/02/jwsdwg-4t-4-10m.html

●ユニック | CAD-DATA.com
https://www.cad-data.com/tag/%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF.html

●ユニック車・トラッククレーンのCADデータ、探し方のテクニックを伝授 | 建設部門のソフトウェアとCADデータ 『建設上位を狙え』
https://constupper.com/unic-cad-203/

●CAD-DATA.com | CADデータ共有サイト
https://www.cad-data.com/

上記サイトでお探しのものが見つからない時は、BingやGoogleも良いでしょう。

●Bing
https://www.bing.com/

Bingに行くと、検索窓にキーワードを入れた後でも、下の方に気になるニュースが書いてあったりして、ついつい見入ってしまうのは私だけではないでしょう。

暇な時、何か面白いニュースはないかなという時は重宝します。

日替わりで、サイトの背景にきれいな画像や動画が表示されているのも、気になるでしょう。

●Google
https://www.google.co.jp/

ただ、大体の場合Googleの方が、マニアックな記事や専門分野のコンテンツを見つけやすくはなっています。

Google画像検索でもいろいろ

Google画像検索でもいろいろなユニックの画像を眺められます。

CADデータも画像であれば出てきます。

リンクをたどっていって、CADデータをダウンロードできる場合もあるかもしれません。
●Google 画像検索
https://www.google.co.jp/imghp?hl=ja

“ユニック車 CAD”で、CADデータの画像が出てきます。

重いものを動かせる驚き

ユニック車で物を動かす現場に立ち会うと、いつもすごいと言いたくなります。

人力ではびくともしない物を、持ち上げて移動できるのですから。

力持ちと運動神経の良さを要する

運転する人も操作する人も、能力を要する車です。

安全に速く仕事ができる人は限られてくるでしょう。

周りの人の間も感じなければなりませんし。

ユニック車も運転する人を選ぶ

ユニック車は運転も操作も免許が必要です。

車両の運転には 旧普通自動車免許(8t限定)以上、もしくは 現行中型自動車免許以上が必要です。

ユニック(積載型トラッククレーン)の操作には、玉掛けと小型移動式クレーン運転技能講習(つり上げ荷重5t未満)か、移動式クレーン運転士(無制限)が必要になります。

自分も周りの人も危険にさらさないよう気をつけたいですね。

事故が起きると自分と誰かが痛い目に遭いますし、誰かが罪を負うことになりますし。

運動神経が良くない私では無理でしょうね。

車の運転もやっと行っているぐらいですし。

プロフェッショナルは皆どこかでリスクを取っています。

いろいろ周りにいる人の安全も考えないといけませんし、力仕事も要する場合もあるかもしれません。

誰でもできる仕事ではないでしょう。

ユニック車はすぐには自動化しないのでは

ユニック車が無口で勝手に動いたら困ります。

周りの人の考えている事を完璧にソフトがとらえてくれるとは思えません。

自動化する頃には社会も生活も一変している事でしょう。

使えるデータは長期保存

今回使用したデータは2度と手に入らないかもしれません。

整理して長期保存に耐える保存デバイスに入れておきましょう。

一昔前はMOも良かったのですが、これからはミラーリングのNASがいいかもしれません。

工事の申請書類

何かの届け出のような図面を作成されるのでしょうか。

親方になるためのステップであり、将来有望だと思われ、任されている仕事です。

誰でも任される仕事ではありません。

平社員から管理職に向けて一歩前進です。

頑張ってください。

メーカーサイトなら実機のデータが得られるかも

工事で使うユニック車の機種名がわかっていれば、メーカーサイトで実機のCADデータが入手できるかもしれません。

カタログをなぞる方法も検討できるかもしれません。

データ探しも締め切りを決めると質が上がる

データ探しは締め切りを決めないと、だらだらいつまでもこれでもないあれでもないとなりがちです。

図面の締め切りから逆算して制限時間を決めると、効率よく探す方法を考え始めるので見つかるデータの質も上がると思います。

寸法は

寸法もメーカサイトでカタログを探したり、Google画像検索で見つけられると思います。
●Google 画像検索
https://www.google.co.jp/imghp?hl=ja

探すのにかかった時間を無駄にしないために

探すのにはどうしても時間がかかります。

いいデータが見つかったらブックマークしたり、ファイルを整理してすぐに取り出せるようにしたり無くならないようにしましょう。

長期保存は信じられるデバイスで

長期保存は自分が信じられるデバイスがいいと思います。

人それぞれ考え方が違っても仕方がありません。

環境によっても最適なデバイスが違うことも考えられますし。

ユニックは法人ユース中心

ユニックを使って移動する物を所持しているのは法人が中心でしょう。

個人が管理できる物は限界が

個人でユニックを使うと、お金も時間もその他いろいろかかってしまいます。

個人で持てる物はやっぱり限界があります。

身軽な方がいいのか

私はパソコンを自作するので部屋に何台もパソコンがありますが、もっと身軽になった方がいいのか最近考えるようになりました。

どのパソコンも思い出があったり用途があったり、なかなか捨てるわけにはいかないのが現実です。

図面が完成する

許可申請用の図面を、作成されるのでしょうか。

図面が完成して、工事の許可が下りるといいですね。

自作もいいかも

Googleで探すと、まだいろいろありそうな気配はありますが、たまには自作もいいのではと思います。

Google画像検索で参考になりそうな画像を見つけて、作ってみるのもいいかもしれません。

スキルアップになりますし。

自動ツールのテストをしても、面白そうです。

”ユニックとは”を調べたい時

ユニック車に限らず、言葉は覚えているのにそれが何なのか、具体的なイメージがわかない用語等を調べるのにインターネットは重宝します。

追加料金は取られないので、毎日助かります。

例えばですが、”ユニック車”が一体どんな車なのか、もっと知りたい時もあるでしょう。

そんなときはGoogle画像検索はいかがでしょうか。

●Google 画像検索
https://www.google.co.jp/imghp?hl=ja

普通の検索と同じように、”ユニック車”のようなキーワードを入れると、たくさん画像が出てきます。

見てわかる物は、これで充分です。

用語の基本的な意味は、”ユニック車とは”のようにキーワードの後に”とは”を付けGoogle検索すると、言葉で説明しているサイトがたくさん出てきます。

検索テクニックを開拓して、図面に使える図形が見つかるといいですね。

ユニックは力も必要

Google画像検索で”ユニック車”と検索すると、クレーン付きトラックの画像がたくさん出てきます。

ユニック車は力持ちの車ですが、操作するにはそれなりに力持ちの人でないと危ないでしょう。

移動で、もうちょっと力が欲しい時は、力持ちの人がいるといいですから。

機械は省力化に貢献しますが、それを使ったり管理する人はいくら機械が優れていても最後は人がいないと駄目です。

ちょっと脱線してしまいましたが、どんなデータを選ぶかも機械より最終的には人間の方が優れていると思います。

頑張ってください。

広告