大型トラックのCADデータをお探しですね。

広告

大型トラックのCADデータ

●CAD フリーデータ/自動車・車いす・自転車・バイクなど
http://demo.server-queen.jp/osusume/cad/data/06car.htm

●フカダソフト
http://www2.odn.ne.jp/fukadasoft/index.html

●トラック | CAD-DATA.com
https://www.cad-data.com/search.cgi?w=%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF&start=11&end=20&ext=

●トラック | CAD-DATA.com
https://www.cad-data.com/tag/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF.html

●トラック CADデータ
https://51kz.sakura.ne.jp/maro-cad/convmac/track3.htm

●トラック CADデータ、2t 4t 6t 8t 10t | 建設部門のソフトウェアとCADデータ 『建設上位を狙え』
https://constupper.com/truck01/

●無償CADデータ | アクティオ | 提案のある建設機械・重機レンタル
https://www.aktio.co.jp/products/cad/

●CAD フリーデータ/油圧ショベル・バックホウ・ユンボ・生コン車など
http://demo.server-queen.jp/osusume/cad/data/01kenkikai.htm

●ユニック車 CADデータ、クレーン付きトラック | 建設部門のソフトウェアとCADデータ 『建設上位を狙え』
https://constupper.com/unic01/

●大型トラック | CAD-DATA.com
https://www.cad-data.com/tag/%E5%A4%A7%E5%9E%8B%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF.html

●車(トラック) – Vol.1 車CADデータ | CADデータフリーダウンロード | 建築パース.com
https://kenchiku-pers.com/cad/download/detail/01/car10.html

●CADデータ一覧
http://www.revokyoukai.co.jp/cad/cad.html

●ISUZU:主要諸元・車両外観図
https://www.isuzu.co.jp/cv/data/giga/05shogen.html

●大型10tダンプの車両寸法と荷台寸法 – 行列のできるトラック相談所
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-66.html

●ダンプトラック・10tダンプの種類・寸法・最大積載量・過積載など! | トラック王国ジャーナル
https://www.55truck.com/journal/14.html

●保有車輌 – 明和土木興業 株式会社
http://www.meiwadoboku.co.jp/sanpai/index.html

●大型トラックの寸法・保安基準|荷台/重量別/平ボディ/ダンプ – トラックドライバーについての情報ならドライバータイムズ
https://driver-times.com/driver_job/driver_track/1054357

●RENTAL GUIDE ダンプ.pdf
https://www.kaneko.ne.jp/catalogue2017/%E8%BB%8A%E8%BC%8C/RENTAL%20GUIDE%E3%80%80%E3%83%80%E3%83%B3%E3%83%97.pdf

●車両・容器サイズ一覧
http://www.takeei.co.jp/pdf/truck_size_20140606.pdf

●【レンタル】ダンプの寸法 | ヨシノ自動車
https://www.yoshino-rentacar.net/truck_03_s_dump_007.html

●大型トラック(10tトラック)のサイズ/荷台寸法/車幅/積載量/長さ/高さを車種別に解説! | DriverHacker[ドライバーハッカー]
https://driverhacker.jp/truckdriver/1437/

人が運転した方が信頼できる

高速道路を移動する事が昔は多かったのですが、結構不測の事態という場面はあります。

果たしてAI機器が完璧に対応できるか、実績を積み重ねて、人が運転するより安全と言われる日が来るまで時間はかかると思います。

自動運転へ時代は向かっているが

自動運転の開発は急ピッチで進んでいるとされていますが、法律も、普通の人の感覚もまだまだだと思います。

個人的には自動運転車にはまだあまり乗りたくないです。

システム開発の考えでいくと

システム開発の考えでいくと、何を作るかからどういう段取りで作って、ある程度出来上がったら動かしてみて、不具合を一つ一つ取り除いて、製品として成り立つレベルになったら発表となります。

おそらくまだ不具合は出し切っていないでしょう。

ただ事故は起こして欲しくないです。

テストも実地以外にも安全にテストが出来る方法を開発する必要がありそうです。

公道を走るテストも必要ですが、テストの前に完璧と言えるレベルまで完成度を高めて走って欲しいです。

Google画像検索も参考に

↓Google画像検索で”大型トラック 寸法 CAD”を検索してもいろいろ出てきます。
●Google 画像検索
https://www.google.co.jp/imghp?hl=ja&tab=wi

画像を見てもどれが大型トラックか、見る目のある人でないと判別できないかもしれませんが。

メーカーのカタログも

メーカーサイトでカタログを見つけたり、トラックの営業の人からカタログをもらったりすると、正確な寸法がわかると思います。

台風の時は大変

夏や秋には台風が付きものですが、暴風でトラックが横転するニュース映像を見ると、トラックの運転は苦労が絶えないなと思います。

自動化で不安を感じる

トラックの運転もいずれ自動化が進むのでしょうか。

AIの能力が人の能力を大きく超えると実用化されるかもしれません。

ただAIはコンピュータとセンサーでしかないので、事故が起きたり、危険な場面にあった時、適切に対応できるか難しい面は残るでしょう。

自動化が進んでも人の仕事は残る

自動化しやすい部分から自動化すると思いますが、生身の人でないとできない仕事は無くならないでしょう。

働いている人がAIで楽をして、給与も上がっていく仕組みもできていけばいいのですが。

人生は分岐と繰り返しか

プログラミングの世界ではアルゴリズムをフローチャートで表現すると、かなりの確率で分岐と繰り返しを使います。

人生も時間の流れにそって活動するので、転機は分岐、会社に毎日通うのは繰り返しだったりします。

プログラマも人生を俯瞰したような仕事なのかもしれません。

でも若い時しか仕事が与えられない場合も多いです。

戦略を持って取り組まないと駄目ですね。

戦略は人それぞれ

私なんて行き当たりばったりで今に至ります。

将棋では何十手先も読んで一手を打っていきますが、私なんて三手先すら読めませんでした。

いつも新しい局面ばかり見ていました。

この先も行き当たりばったりなのかもしれません。

出来る人は将来を見据えて生活設計や転職を行って欲しいと思います。

なるようにしかならない

どんなに策を打っても、上手くいく時もあれば上手くいかない時もあります。

ただ人生の貴重な経験値にはなるでしょう。

10tトラックのダウンロードサイト

“10tトラック cad ダウンロード”でGoogle検索する事からスタートです。

なかなかズバリというものは無かったりします。

大型トラックで検索しても近いものを検索できるでしょう。

どこかで妥協が必要かもしれません。

利用規約があれば読んで商用利用かチェックしたり、許諾が必要な時はお願いしましょう。

10tトラックとは

10tトラックとはどのような車でしょうか。

Google検索で”10tトラックとは”で調べると、参考になる情報が得られるでしょう。

・Google画像検索で調べる方法

Google検索の画面の右上の方に”画像”というリンクが有るので、そちらから画像検索の画面を呼ぶ事ができます。

普通に”Google画像検索”というキーワードで検索するのも良いでしょう。

よく使うようならブックマークやお気に入りに入れると、次から楽に使えるようになります。

見た目から知りたい時は、この方法が便利です。

・必要資格・経験

大型免許が必要なようですが、法規は改正される事がよくあるので、必要になった時に最新の情報を得た方がいいですね。

ネットに調べるのもいいですが、詳しい人や専門機関に問い合わせるのが良いでしょう。

普通の車でまず最低限の経験を積み、徐々に大きい車に慣れていくのが良いでしょう。

事故を多く起こす人や、運転に自信の無い人はやめておいた方がいいでしょう。

あと力持ちの人がいいでしょうね。

データが見つからない時

・検索のコツ

まずは思った通りに検索しましょう。

検索して見つからなかったらキーワードを変えてまた検索。

検索結果に使えそうな文言やキーワードがないか探してヒントにすると効果的です。

画像検索も参考になる場合があります。

・AutoCADのデータしか見つからない時

変換ソフトを探しましょう。

JacConvertやDraftSightが有名です。

DXFやJWW形式に変換するとよいでしょう。

・先輩にお願いしてもらう方法

社内の人間関係を良くする努力は、どこの会社でも大事だなあって転職する度に思います。

・自作する方法

Google画像検索の画像を参考にしながら作るとよいでしょう。

なぞって作れる画像を探すといいでしょう。

ラスタベクタ変換で作れればお手軽ですが、多分かえって余計に時間がかかりそうです。
なかなか人間と同じ事はソフトでできないものです。

データの管理法

・次からの生産性を向上させるために

1回目より2回目の方が、図面の作成は楽でしょう。

データの再利用する事を考えて、パーツを整理しておくといいでしょう。

・少量データの保管法

ミラーリングのNASやMOに保存するとよいでしょう。

USBメモリでは無くしてしまうかもしれません。

・大量データの保管法

M-Discという長期保存に向いた光ディスクが最近は売られているので、探すとよいでしょう。

ただし対応ドライブを使う必要があります。

計画は慎重に

事故が起きないよう計画は慎重にしましょう。

あまりひどいと許可が下りない場合があるかもしれません。

個人的に思う事

私では10tトラックなんて運転もできないですし、計画する事も自信が無いです。

できる人はすごいです。

メーカーサイトで探す

メーカーと機種が決まっていれば、メーカーサイトで具体的な数字がわかるかもしれません。

CADデータから拾う

10tダンプと思われるCADデータが有れば、CAD操作で知りたい数字の概算値が入手できるかもしれません。

現場までどれぐらい近づけるか気になる

どうして寸法が必要になったのか、様々なケースがあると思います。

10tダンプが現場にどれぐらい近いところまで行けるのか、現場までの道が狭い時は気になるでしょう。

広告