螺旋階段の図面をお探しですね。

広告

螺旋階段の図面の参考になるサイト

●φ1200の螺旋階段の製作について
http://www.marudai-fuji.co.jp/files/corporate_info/furniture/100820_rasen.pdf

●らせん階段の計算
http://www.zhitov.ru/ja/spiral_stairs/

●螺旋階段│階段/建築
http://www.kentikulink.net/cadcad/d-10/index02.html

●鉄骨施工図、階段製作図、建築金物、鉄骨製作図、鉄骨構造図 有限会社 池上鉄工一級建築士事務所
http://www.ikete.com/sekouzu.htm

●螺旋(らせん)階段の作成方法 – GRAPHISOFTナレッジセンター
https://support.graphisoft.co.jp/hc/ja/articles/115004457973-%E8%9E%BA%E6%97%8B-%E3%82%89%E3%81%9B%E3%82%93-%E9%9A%8E%E6%AE%B5%E3%81%AE%E4%BD%9C%E6%88%90%E6%96%B9%E6%B3%95

●螺旋階段の図面、描き方の参考になる写真・画像 – NAVER まとめ
https://matome.naver.jp/odai/2129993333446806801

●デザインにこだわります。螺旋階段の巻 | 三和建設のコンクリート住宅 blog
http://sanwa-rc.com/blog/?p=9459

●HinoADO Tools | R螺旋階段
http://hinoado.com/index.cgi?id=4&eid=78

●cad|CADなら建築情報,JWCAD,AUTOCAD
http://www.kentikulink.net/cadcad/

●Jww/外部変形/R螺旋階段 – HinoADO
http://hinoado.com/JS/index.php?Jww/%E5%A4%96%E9%83%A8%E5%A4%89%E5%BD%A2/R%E8%9E%BA%E6%97%8B%E9%9A%8E%E6%AE%B5

●螺旋階段 CADデータ、手摺・詳細図・jwcad | 建設部門のソフトウェアとCADデータ 『建設上位を狙え』
https://constupper.com/stairs01/

●螺旋階段 | CAD-DATA.com
https://www.cad-data.com/tag/%E8%9E%BA%E6%97%8B%E9%9A%8E%E6%AE%B5.html

●螺旋階段 図面 – Google 検索 | 螺旋階段, 階段のデザイン, 階段
https://www.pinterest.jp/pin/371547037980949296/

●鉄骨半螺旋階段を図面作成(詳細図)から現場取付までを行いました。スチール空間設計〔中島鉄工建設〕佐賀県唐津市の鉄工所
http://www.people-i.ne.jp/~steel/kaidan%20hr-01.html

●螺旋階段、らせん階段 CADフリーデータ
https://51kz.sakura.ne.jp/maro-cad/buil/rasenk3.htm

●■豆知識ー87■ 螺旋(らせん)階段 | 株式会社建築システム
http://k-sys.co.jp/kenchikusisutemukyoushou-mametisiki-rsennkaidanosharekuhuukyoushou20090120/

●CAD で螺旋階段の書き方を教えて下さい。円の分割など教えて… – Yahoo!知恵袋
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1017249950

●『建築・設計・製図』貴志雅樹:監修 松本明・横山天心:著 | まち座|今日の建築・都市・まちづくり
http://book.gakugei-pub.co.jp/gakugei-book/9784761526092/

●階段、螺旋階段の描き方 | 絵師ノート
https://esinote.com/guide/background/stairs

●らせん階段の描き方│見るだけで上達する手描きパースの描き方ブログ、パース講座(手書きパース)
https://kazushi.hamazo.tv/e7439776.html

●螺旋階段のイラスト特集 – 引き込まれる曲線美。 – pixivision
https://www.pixivision.net/ja/a/1576

●パース描写-パース定規と3Dワークスペースを活用してらせん階段を描く- – 3D – 機能解説!トラの巻 – IllustStudio 使い方講座 – CLIP STUDIO | 創作応援サイト
https://howto.clip-studio.com/library/page/view/illuststudio_tora_3d_071

●JW-WINコマンドリファレンス
http://www.orange.ne.jp/~nagura/jww/jww-cad2/jw_win/jw_win26.htm

普通の階段の方が安全なような気が

螺旋階段は途中で向きも変わりますし、足場も長方形ではないので、夜間は照明も必要ですし、急いで上り下りするのには向いていないような気がします。

場所の制約で仕方がない

空いている場所を考えると、螺旋階段にせざるを得なかったのかもしれません。

できれば普通の階段の方が、個人的には安全や時短を考えるといいと思うのですが。

メンテナンスは怠れない

昔、屋外の錆び付いていた螺旋階段を見たことがあるのですが、怖いと思いました。

長期間使うためにはメンテナンスは怠れないです。

2DCADではきついか

Jw_cadをはじめとした2DCADでは、紙と同じ感覚で点の位置を求め、線を結んでいくという流れになります。

やっぱり大変そうですね。

3DCADを用意

3DCADの方が、簡単に点を正確に打って結ぶことができそうな気がします。

ソフトによっは、カメラのアングルを簡単に変えられるのがいいところです。

光源の位置も変えられるソフトも有りそうです。

紙の図面では使わない機能かもしれませんが。

3DCADは非常に高価なので会社でないと購入は難しいでしょう。

個人が家で行う仕事にするのは難しそうです。

若い方の中には貯金をはたいて購入しようと考えている人もいるかもしれませんが、仕事をしていると家にいる時間は短いですし、CADソフトは会社を移ると使うCADソフトが違うことが多いので、覚えた操作等のスキルを持っていくことはできません。

無理はしない方がいいでしょう。

上記サイトを読むとできそうな気がするが

上記サイトを読むとできそうな気もしてきます。

精度を求める図面となると、うなってしまいます。

数学が相当できないと、正確な図面は書けなそうな気がします。

ただ図面は精度より可読性を重視する場合もあり、伝わればいい場合もあるかもしれません。

見込みが有ると思われたので任されたのだと思います。

螺旋階段の図面なんて平面でも立面でも難しそうです。

そのうち数量を出してくれと言われるかもしれません。

曲がっているところは、フリーハンドでは凹凸が発生して手抜きと思われかねないので、いい曲線で結びましょう。

曲線部は図面から数量は拾えないと思いますし。

画像検索も活用

Google画像検索で”螺旋階段 平面図”で検索すると、いろいろ参考になりそうな画像が出てきます。

●Google 画像検索
https://www.google.co.jp/imghp?hl=ja

イメージの湧かない人は是非とも活用しましょう。

等角度で円を分割するのも

基本は円を描いて等角度で分割する事になります。

角度や半径等は物によって変わってきます。

設計の腕の見せ所ですね。

なかなか設計に詳しい人でないと決められないでしょう。

私も決められない人間です。

昔の人は紙で頑張ったのだろう

昔は実用的なパソコンは無く、ドラフターで紙に設計図面を書いていったのでしょう。

数量も紙から拾ったのかもしれません。

昔も今と遜色なく建物はできました。

この先はパソコンも性能アップが見込めないので、今と同じような時代が続くのかもしれません。

AIがどこまで使い物になるか次第でもありますが、AIも何か入力しないと出力はされませんし、人があれ作ってと言ってAIが作れるとも思えませんし。

人にあれ作ってと言うと何らかの反応が返ってきますし、あれなら作りましたと言ってくる人もいるかもしれません。

ただ今の時代、何でも電子化されていますが、場所を取らないのはいいものの、何かの拍子でデータが消えたら何も残らないのが怖いところです。

かといって今更紙に出力するのも面倒ですし、管理もしきれなかったりします。

ただ思い出の写真等は紙に出せるといいのですが、デジカメで気軽にたくさん撮ってしまうので紙に出すのも億劫だったりします。

自分で作るしか

螺旋階段は設置する場所に合わせてサイズが決まります。

完全な決まりきったサイズという物は無いでしょう。

そのため図面はネットのコピペではできないと思います。

頑張って自分で計算して作るしかないでしょう。

3DCADの方が正確に描ける

3DCADの方が3次元の物を扱えるので、正確にデータを入力できたり数量を拾う事ができるでしょう。

2DCADで平面図と立面図を与えられても物のサイズを拾う時、高度な数学力が要求されると思います。

有る道具で作るしか無いが

3DCADも高価ですし、昔の人は紙の図面で拾ってきたので2DCADで図面を作ってもなんとかなるのかもしれません。

ただこれだけパソコンが進化した時代なので、昔の人と同じ苦労をするのも厳しいかもしれません。

それにしても最近のパソコンは安定して動作するようになりました。

昔はCADの作業を行って、夕方保存をかけると凍り付いたりする事がありました。

どこかで帳尻を合わせたのだと思いますが、不思議です。

私はその当時それほどパソコンのCADで図面を編集する業務は行っていませんでしたが、年々安定して動作するようになってきた事は体感します。

CPUもメモリもハードディスクもOSも性能が上がってきているのが大きいのでしょう。

その分生産性を上げないとコストが合わなくなってきたのも感じます。

CAD図面はGoogle画像検索も参考に

↓Google画像検索で、螺旋階段の図面の画像を見る事ができます。
●Google 画像検索
https://www.google.co.jp/imghp?hl=ja

“らせん階段 図面”でいろいろ出てきます。

できれば3DCADを使うと、もっと自由度の高い図面データが作れると思います。

値段が高いのが残念な所です。

ただ紙上に図面を書く感触のわかる人は、Jw_cadをはじめとする2DCADでもそれなりに図面を書けると思います。

螺旋階段は断熱性がネックに

螺旋階段は部屋と階段等の通路を分ける仕切りが無いので、冷暖房の効きが悪くなります。

見た目はいいのかもしれませんが。

非常時用通路としても

非常時用通路として作る人もいるかもしれませんが、万が一夜間に停電になった時、安全に上り下りできるかとなると不安は残ります。

Google画像検索も参考に

↓Google画像検索も参考になると思います。
●Google 画像検索
https://www.google.co.jp/imghp?hl=ja

“螺旋階段 立面図”で検索しても、いくつかCADデータの画像を見る事ができます。

頭を総動員してやる事リストを

イメージができてきたら、図面を作るのに何をすれば良いか考えましょう。

最初は大まかな事を考え、徐々に枝葉を生やして細かい工程を思い浮かべ、紙に書いていきましょう。

紙に書く時は、とにかく頭からその内容が消えるまでに、下手な字でも良いので書きましょう。

後で清書すればいいので。

もうこれ以上書く事は無いと思えたら、作業順序で番号を振っていきましょう。

後は清書して必要時間も書いて、その通りに作業を行えばできると思います。

どうしてもできない事も出てくるかもしれません。

そこはネットで調べたり、先輩から教わったりすると良いでしょう。

2DCADでは紙に書くつもりで想像

2DCADでは立面図を紙に書くつもりで、CADデータ化していきましょう。

いっそ紙に一回書いてしまうのも、良いかもしれません。

CADは正確な形を書く事はできますが、それを導くまでの過程がわかっていないと手のつけようも無かったりします。

今は3DCADを使っているところもあるかもしれませんが、値段が高いのでまだ簡単には導入できないでしょう。

Google画像検索が参考に

Google画像検索で”螺旋階段 平面図”で検索すると図面の画像がいくつか出てきます。

●Google 画像検索
https://www.google.co.jp/imghp?hl=ja

参考になるといいですね。

自分を信じて書く

いくら資料を大量に収集してもどこかで打ち切って、締め切りまでに間に合うように図面の作成を始めなければなりません。

最後は自分のセンスを信じましょう。

早く作って時間に余裕があれば、やり直しのチャンスも与えられるかもしれません。

螺旋階段の図面は難しい

直線だけで構成されているわけでもなく、立体的な斜めカーブで手すり等が構成されていて、伝わる図面を作るのは大変そうです。

一般の住宅なら普通の階段でいいような気もするのですが。

例が少ないのでGoogle画像検索も

↓Google画像検索はこちら
●Google 画像検索
https://www.google.co.jp/imghp?hl=ja

“螺旋階段 CAD”で検索するといろいろ出てきます。

この中から自分の作りたい図に一番近いものを選んで、寸法を合わせたCAD図を新規で作ればいいのだと思います。

3DCADの導入も

3DCADの導入を検討するのも良いかもしれません。

ただどこまでできるのか私もよくわかりません。

2DCADしかいじったことはないですし。

2DCADで不可能なことができればいいのですが。

何とかしようと思えば何とかなる

上記サイトでいろいろな例を見ることができます。

あとは自分の仕事の現場に合わせて作っていくことになります。

螺旋階段の図面はちょっと考えただけで難しそうですが、何とかしようと思い続けることが大事です。

状況によっては周りの人に教えを請わなければならないかもしれません。

上司の人も出来そうだと見込んで仕事が来ているわけで、周りの人もこの人では不可能だという目では見ていないかもしれません。

難儀な仕事ですが乗り越えれば、また新しい世界が待っているかもしれません。

施工に比べれば、作る物が決まっている図面書きはまだ楽な方かもしれません。

パソコンに向かっていても危ないこともありませんし。

ただパソコンで朝から晩まで作業をしている日がずっと続くと眼が悪くなります。

いい液晶ディスプレイなら大した事は無いのですが、当たりのディスプレイを引かないと眼にきます。

ブルーライトカットフィルターが有効です。

眼鏡タイプは試したことは無いのですが、ひょっとしたら有効かもしれません。

現場も出て室内でも作業してぐらいの仕事が理想なのかもしれません。

冬や夏の外はきつくて中は楽ですが、屋外は倒れたり凍傷にならない程度であればきつくても季節感があったり、それなりにいいものです。

雨や雪が降っても納期に間に合わせなければならない仕事もありますが、頑張りましょう。

Google画像検索も参考に

図面のイメージがわかない時は、Google画像検索を利用するのも参考になるかもしれません。

●Google 画像検索
https://www.google.co.jp/imghp?hl=ja

“螺旋階段 平面図 cad”のようなキーワードで検索するといいかもしれません。

どこから手をつければいいかわからないときは

とりあえず図面を完成させるまでにやらなければならない作業を、できるだけ細かく網羅するように箇条書きか付箋に書いていきましょう。

もうこれ以外にやることは無いと断言できる段階になったら、作業で最初に行う事、次に行う事、最後に行う事という風に順番に並び替えたり、順序の番号を振っていきましょう。

それを清書します。Word、Excelを使うのも良いでしょう。

できたらそれを見直し、抜けが無いか考えます。

完成したら、どうすればこの作業工程の内容を自分でできるか考えます。

どうしてもできそうもない事をどうすればできるか、深く考え込まないで考えましょう。

課題が無くなる頃には、何とかなりそうな感じがしてくると思います。

周りの人に助けを求めることも

すべてを丸投げするのは良くないですが、ほんの少しのことで周りの人の助けを借りなければならないことも有るかもしれません。

でもできるだけどうしてもできないことを除き、自分でどうすればできるか考えることで成長することも有ると思います。

イラストならフリーハンドで良いが

上記サイトにイラストの螺旋階段を使った例があります。

人物描写が特に素晴らしいと思いました。

あと背景も螺旋階段に見えます。

こういう絵を見てこの世界に進んでいく人も多いのかもしれません。

最近のアニメは背景も美しいものが多いです。

ただCAD図面は、細かいところも見えてしまうので同じとはいかないでしょう。

精度を求めて無駄に時間をかけすぎるのも

手描きのパース等、手書きでいい時は精度を求めて関数電卓でプロットしなくても、思った通りに書いた方が早くて伝わる絵になりそうです。

これもきっと数こなさないと上手くならないのでしょうね。

人によっては絵の先生から指導を受けている人もいるかもしれません。

芸術の世界はある程度までは先生の教えを得ないで我流でやっていると、悪い癖が身についてしまう恐れがあります。

ものによっては我流でもいいものもあるかもしれませんが。

本当に精度を求める現場もありそう

巨大な建築物等、曖昧な指示でできない現場もあるのでしょう。

おそらくフリーハンドの絵は通用しないでしょう。

設計のごく初期であれば絵も使うかもしれませんが。

大きな仕事はある程度道具も人も揃っている会社が行うので、螺旋階段も労せずボタンを数回押すだけで絵ができるCADソフトが有るかもしれません。

どの仕事も繰り返すと早くする方法が考案されたり、初めては時間がかかるというのは仕方のないことなのでしょう。

おそらく自作になるのでは

おそらくダウンロードできる螺旋階段のデータは少ないので自作する事になるでしょう。
↓Google画像検索も参考になることかどうか。
●Google 画像検索
https://www.google.co.jp/imghp?hl=ja

3DCADの出番か

2DCADでは数量を拾えない事や、アングルを変えて図面を作ってくれと言われたら泣かなければならないので、案件によっては3DCADの方が良いかもしれません。

パースも作りやすそうですし。

自分を信じてまとめよう

あまり参考になるデータは有りません。

自分を信じて作りましょう。

調べてみてJw_cadでの事案が見つからない時は、他のCADでどうしているか探すと他にも情報が得られるかもしれません。

情報を集めるのも良いですが、締め切りもあるわけで、最後は自分がこれまで生きてきて仕入れてきた知識を総動員して何とかしようとあがきましょう。

任されたという事は任す人から見て、この人ならできそうだという事で仕事が回ってきたのだと思います。

設計の仕事に就いているだけでもすごい事です。

学歴・職歴が有ってもなかなか就けないポジションです。

たいていの人はある程度の歳になるまでに淘汰されて、他の仕事に流れていきます。

他の仕事に就いてもそれなりに今までやってきた事は生きるのですが。

労働市場も需要と供給の関係があるわけで、学校を出た人の全員が定年までその仕事に残れるかと言えば難しいのかもしれません。

私も、学生時代とは畑違いの経歴をたどりました。

学生時代の専門でずっと定年まで迎えられる業界ではないので、仕方がなかったものの、若さも資本だと思います。

歳を取ると蓄えを少しずつ削ったり、いろいろ工夫してみんな乗り切っているのでしょうね。

私もなんとか天寿を全うしたと言われるぐらい生きたいです。

世の中の行き着く先をもっと見てみたい気がします。

西暦2112年9月3日のドラえもん誕生のニュースを見届けできないところは心残りです。

広告