螺旋階段の平面図をお探しですね。

広告

螺旋階段の平面図

●らせん階段の計算
http://www.zhitov.ru/ja/spiral_stairs/

●デザインにこだわります。螺旋階段の巻 | 三和建設のコンクリート住宅 blog
http://sanwa-rc.com/blog/?p=9459

●HinoADO Tools | R螺旋階段
http://hinoado.com/index.cgi?id=4&eid=78

●φ1200の螺旋階段の製作について
http://www.marudai-fuji.co.jp/files/corporate_info/furniture/100820_rasen.pdf

●■豆知識ー87■ 螺旋(らせん)階段 | 株式会社建築システム
http://k-sys.co.jp/kenchikusisutemukyoushou-mametisiki-rsennkaidanosharekuhuukyoushou20090120/

●螺旋(らせん)階段の作成方法 – GRAPHISOFTナレッジセンター
https://support.graphisoft.co.jp/hc/ja/articles/115004457973-%E8%9E%BA%E6%97%8B-%E3%82%89%E3%81%9B%E3%82%93-%E9%9A%8E%E6%AE%B5%E3%81%AE%E4%BD%9C%E6%88%90%E6%96%B9%E6%B3%95

●CAD で螺旋階段の書き方を教えて下さい。円の分割など教えて… – Yahoo!知恵袋
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1017249950

●『建築・設計・製図』貴志雅樹:監修 松本明・横山天心:著 | まち座|今日の建築・都市・まちづくり
http://book.gakugei-pub.co.jp/gakugei-book/9784761526092/

●螺旋階段│階段/建築
http://www.kentikulink.net/cadcad/d-10/index02.html

●Jww/外部変形/R螺旋階段 – HinoADO
http://hinoado.com/JS/index.php?Jww/%E5%A4%96%E9%83%A8%E5%A4%89%E5%BD%A2/R%E8%9E%BA%E6%97%8B%E9%9A%8E%E6%AE%B5

●jwcadについて教えてください。螺旋階段を書きたいんですが、分割の中の等… – Yahoo!知恵袋
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1117869906?__ysp=andjYWQg6J665peL6ZqO5q61

●cad|CADなら建築情報,JWCAD,AUTOCAD
http://www.kentikulink.net/cadcad/

●螺旋階段 CADデータ、手摺・詳細図・jwcad | 建設部門のソフトウェアとCADデータ 『建設上位を狙え』
https://constupper.com/stairs01/

●螺旋階段 | CAD-DATA.com
https://www.cad-data.com/tag/%E8%9E%BA%E6%97%8B%E9%9A%8E%E6%AE%B5.html

●日本建築学会大会(東北)学術講演会
http://www.iot.ac.jp/building/yashiro/pdf/2010/07.pdf

●HinoADO BBS | R螺旋階段
http://hinoado.com/index.cgi?id=3&eid=77

●JW-WINコマンドリファレンス
http://www.orange.ne.jp/~nagura/jww/jww-cad2/jw_win/jw_win26.htm

●JWW専用掲示板 [One Topic All View / Re[3]: 螺旋階段 立面図 書き方 / Page: 0]
http://www.ath-j.com/cbbs2/cbbs.cgi?mode=al2&namber=36842&rev=1&no=1&KLOG=175

画像検索も活用

Google画像検索で”螺旋階段 平面図”で検索すると、いろいろ参考になりそうな画像が出てきます。

●Google 画像検索
https://www.google.co.jp/imghp?hl=ja

イメージの湧かない人は是非とも活用しましょう。

等角度で円を分割するのも

基本は円を描いて等角度で分割する事になります。

角度や半径等は物によって変わってきます。

設計の腕の見せ所ですね。

なかなか設計に詳しい人でないと決められないでしょう。

私も決められない人間です。

昔の人は紙で頑張ったのだろう

昔は実用的なパソコンは無く、ドラフターで紙に設計図面を書いていったのでしょう。

数量も紙から拾ったのかもしれません。

昔も今と遜色なく建物はできました。

この先はパソコンも性能アップが見込めないので、今と同じような時代が続くのかもしれません。

AIがどこまで使い物になるか次第でもありますが、AIも何か入力しないと出力はされませんし、人があれ作ってと言ってAIが作れるとも思えませんし。

人にあれ作ってと言うと何らかの反応が返ってきますし、あれなら作りましたと言ってくる人もいるかもしれません。

ただ今の時代、何でも電子化されていますが、場所を取らないのはいいものの、何かの拍子でデータが消えたら何も残らないのが怖いところです。

かといって今更紙に出力するのも面倒ですし、管理もしきれなかったりします。

ただ思い出の写真等は紙に出せるといいのですが、デジカメで気軽にたくさん撮ってしまうので紙に出すのも億劫だったりします。

自分を信じて書く

いくら資料を大量に収集してもどこかで打ち切って、締め切りまでに間に合うように図面の作成を始めなければなりません。

最後は自分のセンスを信じましょう。

早く作って時間に余裕があれば、やり直しのチャンスも与えられるかもしれません。

螺旋階段の図面は難しい

直線だけで構成されているわけでもなく、立体的な斜めカーブで手すり等が構成されていて、伝わる図面を作るのは大変そうです。

一般の住宅なら普通の階段でいいような気もするのですが。

どこから手をつければいいかわからないときは

とりあえず図面を完成させるまでにやらなければならない作業を、できるだけ細かく網羅するように箇条書きか付箋に書いていきましょう。

もうこれ以外にやることは無いと断言できる段階になったら、作業で最初に行う事、次に行う事、最後に行う事という風に順番に並び替えたり、順序の番号を振っていきましょう。

それを清書します。

Word、Excelを使うのも良いでしょう。

できたらそれを見直し、抜けが無いか考えます。

完成したら、どうすればこの作業工程の内容を自分でできるか考えます。

どうしてもできそうもない事をどうすればできるか、深く考え込まないで考えましょう。

課題が無くなる頃には、何とかなりそうな感じがしてくると思います。

周りの人に助けを求めることも

すべてを丸投げするのは良くないですが、ほんの少しの事で周りの人の助けを借りなければならない事も有るかもしれません。

でもできるだけどうしてもできない事を除き、自分でどうすればできるか考える事で成長する事も有ると思います。

都会地では需要があるのか

螺旋階段はなかなか個人の住宅では見かけませんでした。

都会地の建物で多いのかもしれません。

非常時用としては安全か

普通の階段ならかすかな明かりを頼りに、上り下りする事も足が感覚を覚えていれば可能なのですが、螺旋階段は少し場所がずれると段の幅が違うので、急いで下りる事は難しいのではと思います。

作図は難しいが頑張ろう

螺旋階段の平面図や立面図を書こうとしているのかもしれませんが、難しそうですね。

参考になるサイトも探すと見つかると思うので、頑張って取り入れられる事は取り込んでいきましょう。

ひょっとしたら3DCADの方がいいかもしれませんね。

数量も拾えるかもしれませんし。

ただ昔の人はこれを手書きの紙上で設計していたのかもしれません。

そのことを考えれば2DCADでも意外といけるのかもしれません。

大昔の建築物は当然CAD無しで建ちました。

施工する人も少ない指示でできたのでしょうね。

今もそんなに事細かに指示されているわけでも無いでしょう。

これも修行の道なのでしょう。

誰でもすぐに身につくレベルの事ばかりやっていると、すぐ他の人に追いつかれてしまいますが、難儀な事を身につけておくと優位な状態を長く保てます。

私も若い時楽ばかりしていたので、今があるのでしょう。

ただ、自分の後の世代に難儀な事をすすめる事もなかなかできないと思います。

言わなくても自分で判断を下すでしょう。

自分で作るしか

螺旋階段は設置する場所に合わせてサイズが決まります。

完全な決まりきったサイズという物は無いでしょう。

そのため図面はネットのコピペではできないと思います。

頑張って自分で計算して作るしかないでしょう。

3DCADの方が正確に描ける

3DCADの方が3次元の物を扱えるので、正確にデータを入力できたり数量を拾う事ができるでしょう。

2DCADで平面図と立面図を与えられても物のサイズを拾う時、高度な数学力が要求されると思います。

有る道具で作るしか無いが

3DCADも高価ですし、昔の人は紙の図面で拾ってきたので2DCADで図面を作ってもなんとかなるのかもしれません。

ただこれだけパソコンが進化した時代なので、昔の人と同じ苦労をするのも厳しいかもしれません。

それにしても最近のパソコンは安定して動作するようになりました。昔はCADの作業を行って、夕方保存をかけると凍り付いたりする事がありました。

どこかで帳尻を合わせたのだと思いますが、不思議です。

私はその当時それほどパソコンのCADで図面を編集する業務は行っていませんでしたが、年々安定して動作するようになってきた事は体感します。

CPUもメモリもハードディスクもOSも性能が上がってきているのが大きいのでしょう。

その分生産性を上げないとコストが合わなくなってきたのも感じます。

広告