2tトラックのCADデータをお探しですね。

広告

トラックのCADデータ

●使える CAD フリーデータ / バリケード、ビケ足場、立ち馬、交通誘導員など
https://51kz.sakura.ne.jp/maro-cad/

●CAD フリーデータ/自動車・車いす・自転車・バイクなど
http://demo.server-queen.jp/osusume/cad/data/06car.htm

●ユニック車 CADデータ、クレーン付きトラック | 建設部門のソフトウェアとCADデータ 『建設上位を狙え』
https://constupper.com/unic01/

●CAD フリーデータ/建設機械別・車両別、クレーン・高所作業車など
http://demo.server-queen.jp/osusume/cad/data/02kenkikai.htm

●CAD フリーデータ/油圧ショベル・バックホウ・ユンボ・生コン車など
http://demo.server-queen.jp/osusume/cad/data/01kenkikai.htm

●CADデータ一覧
http://www.revokyoukai.co.jp/cad/cad.html

●トラック | CAD-DATA.com
https://www.cad-data.com/search.cgi?w=%A5%C8%A5%E9%A5%C3%A5%AF

●2トン | CAD-DATA.com
https://www.cad-data.com/tag/%EF%BC%92%E3%83%88%E3%83%B3.html

●トラック | CAD-DATA.com
https://www.cad-data.com/tag/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF.html

●トラック CADデータ
https://51kz.sakura.ne.jp/maro-cad/convmac/track3.htm

●トラック CADデータ – 樹木・家具・車、建設機械、交通整理員、住宅機器などのCADデータ。
http://nandmo33.blog.fc2.com/blog-entry-21.html

●施工計画書用CADデータ-3D工事イラストワークス
https://www.megasoft.co.jp/3dillustrationworks/download/cad-date/

●トラック CADデータ、2t 4t 6t 8t 10t | 建設部門のソフトウェアとCADデータ 『建設上位を狙え』
https://constupper.com/truck01/

●建設機械イラスト集「荷役・運搬機械」 | 西尾レントオール株式会社
http://www.nishio-rent.co.jp/product/illustration/liiustrationcargo/

●2t平 | CAD-DATA.com
https://www.cad-data.com/tag/2t%E5%B9%B3.html

●無償CADデータ | アクティオ | 提案のある建設機械・重機レンタル
https://www.aktio.co.jp/products/cad/

トラックの運転は見ている以上に大変

トラックの運転席に座った事すらないのですが、普通車や軽乗用車とは車両感覚が違うのは容易に想像できます。

専用の自動車免許もあるぐらいなので、プラスアルファーで追加して覚える事や身につける事があって大変なのでしょうね。

誰でもできる仕事ではない

トラックの運転は片手間ではできないと思います。

それなりの経歴を積んでいくものなのだと思います。

トラックの人の気持ちになって図面を作る

図面を書く人の中には、トラックの運転が出来ない人が作る場合もあるかもしれません。

トラックのデータを貼り付ける時には、トラックの人の気持ちになって図面を作る必要も有るかもしれません。

Google画像検索を参考に自作も

自作する時は、Google画像検索の画像が参考になると思います。
●Google 画像検索
https://www.google.co.jp/imghp?hl=ja

長期保存

ダウンロードしたファイルや作ったファイルは、2度と入手できないかもしれません。

MOやミラーリングのNASや外付けハードディスクやM-DISC等長期保存に向いた記録デバイスに保存すると良いでしょう。

いいデータが見つかるといいですね

トラックのサイトはたくさん有るので、探すのに手間がかかるかもしれませんが、いいデータが見つかるといいですね。

個人的にトラックは乗る事が無い

個人的にはトラックに乗る事って無いですね。

現場作業も普通の車が多いです。

大きいものを運ぶときは便利

普通の車の中に入りきらない物を運ぶ時は便利ですね。

業務用の車

プライベートか仕事かで考えると、トラックは業務用の車のイメージが強いです。

重機は線が多いので自作が大変

Google画像検索でいろいろなトラックの画像を見ることができます。

ただこれをCADデータにするのは大変です。

再利用に備えて長期保存

ダウンロードしてきたり作ったCADデータは長期保存しましょう。

二度と入手できないかもしれませんし。

昔はMOも良かったのですが、今は容量不足の感もします。

保存状態が良ければ最低でも10年ぐらいは読み出せました。

今はミラーリングのNASでしょうか。

光ディスクならM-DISCがいいでしょう。

データ変換ソフトも必要か

AutoCADのデータしか入手できない時はR12形式のDXFファイルに変換するか、変換ソフトを用意しましょう。

変換ソフトはJacConvertやDraftSightが有名です。
↓JacConvertのダウンロードはこちら
●Jac Convertの紹介
http://yakushima-tonbo.com/aj_dxf/jacconvert.htm

↓DraftSightのダウンロードはこちら
●2D、3D、CADソフトウェアのダウンロード | DRAFTSIGHT™ – Dassault Systèmes®
https://www.3ds.com/ja/products-services/draftsight-cad-software/download-draftsight/

人が運転した方が信頼できる

高速道路を移動する事が昔は多かったのですが、結構不測の事態という場面はあります。

果たしてAI機器が完璧に対応できるか、実績を積み重ねて、人が運転するより安全と言われる日が来るまで時間はかかると思います。

自動運転へ時代は向かっているが

自動運転の開発は急ピッチで進んでいるとされていますが、法律も、普通の人の感覚もまだまだだと思います。

個人的には自動運転車にはまだあまり乗りたくないです。

システム開発の考えでいくと

システム開発の考えでいくと、何を作るかからどういう段取りで作って、ある程度出来上がったら動かしてみて、不具合を一つ一つ取り除いて、製品として成り立つレベルになったら発表となります。

おそらくまだ不具合は出し切っていないでしょう。

ただ事故は起こして欲しくないです。

テストも実地以外にも安全にテストが出来る方法を開発する必要がありそうです。

公道を走るテストも必要ですが、テストの前に完璧と言えるレベルまで完成度を高めて走って欲しいです。

運転が仕事だと車にも詳しくならなければ

車を運転する仕事もやっていたことがあるのですが、職場の人は皆それなりに知識を持ち合わせているものでした。

私は昔も今もどうも車の仕組みを覚えるのは好きになれません。

近場を移動するときは車が好きなのですが。

タイヤ交換が大変

大きい車のタイヤ交換は大変です。

整備工場に交換をお願いするか、専門の人にやってもらった方がいいような気がします。

軽なら手軽に交換できるのですが。

腕力も必要

力仕事を伴う時は、非力な私では仕事にならないでしょう。

何でも機械がやってくれるわけでもないですし。

ダンプの運転は人を選ぶ

ダンプの運転は誰でも出来るわけではないと思います。

高度な判断能力も必要ですし、道を多く覚えられる記憶力も、何かあった時は腕力も必要でしょう。

ちょっと考えただけでも、私では出来なそうです。

誰もが何でも出来るわけでもないし

誰もが何もかも出来るようにはなりません。

教育にかける時間も限界がありますし、人により得意不得意が出てくるのは仕方の無いことです。

自分なりの仕事を探さないと

最後は自分なりに仕事を探すしかないのでしょう。

マニュアルもすべてではありません。

トラックの運転は見ている以上に大変そう

トラックの運転・操作は、免許も経験も必要です。

大変なのでしょう。

私では無理だと思う

私は普通車の運転だけでも手間取っているので、トラックの運転は遙か彼方の世界に思えます。

うまくいくといいですね

トラックのデータが見つかって図面が完成し、仕事が進むといいですね。

トラックの運転は適性があると思う

トラックの運転には免許も必要ですし、仕事となれば経験の豊富な人の方が優遇されます。

今後トラックの運転の仕事に向かおうと思っている人も、自分でわかっていると思いますが、向いていない事が明らかな人は違う仕事に就いた方がいいかもしれません。

事故が起きれば、けがで済まないかもしれません。

それほど危険な仕事です。

自動運転の日は来るのか

トラックが自動運転で物を運んでくれる。

そんな時代に向かっているような気がします。

ただ完全に事故率が0になって、積み下ろしも手伝ってくれるアンドロイドや車が開発されるまでは、何十年という年月がかかりそうな気がします。

しばらくは人が運転してくれる方が喜ばれると思う

トラックは危険なところも走らなければなりません。

人間なら明らかに危険な時は何とかしようと考えますが、機械は想定内の仕事しかできないと思います。

まだ機械より人間が信じられる時代はしばらく続くような気がします。

AutoCADのデータは変換ソフトを用意

↓JacConvertを例として紹介します。シェアウェアですが試用もできます。
●Jac Convertの紹介
http://yakushima-tonbo.com/aj_dxf/jacconvert.htm

他にもいろいろ変換ソフトがあるので探すといいと思います。

もっとうまくいく方法を探す上でも寄り道は必要です。

利用規約も一読を

サイトによっては利用規約で、利用に制限を設けているサイトも有るかもしれません。

商用利用できるかどうかだけでも一読しておくと良いでしょう。

再利用できそうなデータは長期保管

ダウンロードして入手したデータや作ったデータは、長期保存しておくと次に同じデータを使う時に時間を短縮することができます。

保存メディアはMOやミラーリングのNASや外付けハードディスクやM-DISCがいいと思います。

USBメモリは無くしやすいのと、書き換え可能回数の制限や、長期間電子を保持できるかという問題があるので、一時的なデータ置き場には使えますが、長期保存には向かないと思います。

AutoCADのデータは変換

AutoCADのデータをJw_cadで使用するためには、データファイルの形式を変換しなくてはなりません。

↓変換ソフトの例としてJacConvertを紹介します。シェアウェアですが試用もできます。
●Jac Convertの紹介
http://yakushima-tonbo.com/aj_dxf/jacconvert.htm

利用規約がある時は参照

データの利用規約がある場合は、商用利用が可能か等、目を通しておくといいと思います。

ダウンロードしたり作成したデータは長期保管を

ダウンロードしたり作成したデータは、今後も使う必要が出てきた時に利用することが有るかもしれません。

長期間保存できるメディアに保存すると良いと思います。

MOやミラーリングのNASや外付けハードディスクやM-DISCがいいと思います。

USBメモリーは無くしやすいので一時的な置き場として使いましょう。

広告