4tトラックの無料CADデータをお探しですね。

広告

トラックのCADデータ

近いサイトをいくつかピックアップしてみたのですが、これで見つからなかったらまた探してください。

著作権とか引っかからないよう、利用規約にも目を通してください。

多くの人に使ってもらいたくてサイトを立ち上げているので、あまりうるさいこともないとは思いますが、あまり悪いことをすると、サイトが無くなってみんなが迷惑を被ります。

頑張って探してください。

●使える CAD フリーデータ / バリケード、ビケ足場、立ち馬、交通誘導員など
https://51kz.sakura.ne.jp/maro-cad/

●CAD フリーデータ/自動車・車いす・自転車・バイクなど
http://demo.server-queen.jp/osusume/cad/data/06car.htm

●CAD フリーデータ/油圧ショベル・バックホウ・ユンボ・生コン車など
http://demo.server-queen.jp/osusume/cad/data/01kenkikai.htm

●CAD フリーデータ/建設機械別・車両別、クレーン・高所作業車など
http://demo.server-queen.jp/osusume/cad/data/02kenkikai.htm

●ユニック車 CADデータ、クレーン付きトラック | 建設部門のソフトウェアとCADデータ 『建設上位を狙え』
https://constupper.com/unic01/

●乗り物 CADデータ | 建設部門のソフトウェアとCADデータ 『建設上位を狙え』
https://constupper.com/category/vehicle-cad/

●CADデータ一覧
http://www.revokyoukai.co.jp/cad/cad.html

●4tトラック平ボディ | CAD-DATA.com
https://www.cad-data.com/tag/4t%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E5%B9%B3%E3%83%9C%E3%83%87%E3%82%A3.html

●トラック | CAD-DATA.com
https://www.cad-data.com/search.cgi?w=%A5%C8%A5%E9%A5%C3%A5%AF

●建設機械イラスト集「荷役・運搬機械」 | 西尾レントオール株式会社
http://www.nishio-rent.co.jp/product/illustration/liiustrationcargo/

●トラック CADデータ
https://51kz.sakura.ne.jp/maro-cad/convmac/track3.htm

●施工計画書用CADデータ-3D工事イラストワークス
https://www.megasoft.co.jp/3dillustrationworks/download/cad-date/

●無償CADデータ | アクティオ | 提案のある建設機械・重機レンタル
https://www.aktio.co.jp/products/cad/

4tトラックを図面に使ってみたいのでしょうけど、平面配置図でも作るのでしょうか。

寸法を入れて大きく表示して何かを説明する図表を作るのでしょうか?

画像検索の写真から作るのも難儀です。

誰かの作ったデータを利用した方が楽ですから。

健闘を祈ります。

昔はトラックが無かったはず

トラックも無い時代、どうやって重い物を大量に遠くへ運んでいたのでしょうか。

時代劇を見ていても答えが見えてきません。

近年は燃費も良くなってきたはず

近年はガソリンが高くなる事が度々あります。

車に乗っていると、燃費も気になります。

きっとメーカーの方も売りの一つになるので力を入れていると思います。

でもCMを見ていると運転補助や自動化の方が目立っています。

トラックも用途でいろいろ

トラックも畑仕事から運送まで、場所により適した型は違います。

同業者の持っている車を参考に、お店の人と相談でしょうか。

今日も安全に

トラックの運転は普通の自動車より、時には責任が重大です。

リスクを取れる覚悟ができてから参入しましょう。

自動運転になるのか

高速道路から自動運転化が始まるとどこかで聞いたことがありますが、避けきれない事故が発生した時、自動運転車は適切な事故対応力を見せてくれるのでしょうか。

その点も不安の一つです。

トラックの運転は見ている以上に大変そう

トラックの運転・操作は、免許も経験も必要です。

大変なのでしょう。

私では無理だと思う

私は普通車の運転だけでも手間取っているので、トラックの運転は遙か彼方の世界に思えます。

Autocadのデータは変換

AutocadのデータをJw_cadで使用するためには、データファイルの形式を変換しなくてはなりません。

↓変換ソフトの例としてJacConvertを紹介します。

シェアウェアですが試用もできます。

●Jac Convertの紹介
http://yakushima-tonbo.com/aj_dxf/jacconvert.htm

利用規約がある時は参照

データの利用規約がある場合は、商用利用が可能か等、目を通しておくといいと思います。

ダウンロードしたり作成したデータは長期保管を

ダウンロードしたり作成したデータは、今後も使う必要が出てきた時に利用する事が有るかもしれません。

長期間保存できるメディアに保存すると良いと思います。

MOやミラーリングのNASや外付けハードディスクやM-DISCがいいと思います。

USBメモリーは無くしやすいので一時的な置き場として使いましょう。

メーカーサイトも参考に

メーカーサイトにCADデータがある時も有ります。

特に実機に近いデータが欲しい時は探しに行くと良いでしょう。

AutoCADのデータは変換

AutoCADのデータはそのままではJw_cadで開く事はできません。

変換ソフトを使ったり、AutoCADあるいは互換CADでR12のDXF形式で保存しましょう。

変換ソフトはJacConvertが有名です。シェアウェアですが2ヶ月間試用できます。

●Jac Convertの紹介
http://yakushima-tonbo.com/aj_dxf/jacconvert.htm

良いデータは長期保存を

ダウンロードしたり作ったデータは、再利用に備えて長期保存できる保存デバイスに保存しておきましょう。

今ならミラーリングのNASが良いでしょう。

USBメモリーは持ち運びには便利ですが、長期保存には向いていません。

なくす可能性も大きいですし。

ミラーリングのNASは周辺機器メーカーからも出ていますし、NASキットとハードディスクを2台用意して自作する事もできます。

会社で使うのでしたら、周辺機器メーカーの製品の方が引き継ぎも容易で良いと思います。

個人向けはパソコンの自作をよく行うという人であればNASキットという選択も良いと思います。

私もDS218jというNASキットと4TBのハードディスク2台で作ってしまいました。

高機能高性能で言う事無しです。

何十年も使えそうですが、いつかはデータを整理しないと駄目なんでしょうね。

これだけあればきっと選べる

上記サイトがすべてではありません。

キーワードを変えて検索されれば、もっとたくさん出てくると思います。

頑張ってベストの絵を見つけましょう。

どんな絵が良いか前もって想像

用途によりふさわしい絵が決まってくると思います。

実際に探してみるとそれよりいい絵も出てくるかもしれません。

一応イメージしておけば頭にも残りやすいですし、時短にもなります。

今日も安全に

今日も無事に現場の仕事が進むと良いですね。

AutoCADのデータは変換して使用

AutoCADのデータをJw_cadで読み込むにはR12形式のDXFに変換したり、JacConvertというシェアウェアのツールを使う方法等いくつか有ります。

データファイルによってできるかどうかは実際、実験してみなければわかりません。

手間はかかりますが、できた時の喜びはひとしおでしょう。

●Jac Convertの紹介
http://yakushima-tonbo.com/aj_dxf/jacconvert.htm

良いデータは長期保存を

実際に図面を作る時に使った図形データに限らず、少しでも利用したいと思ったデータはできる限り長期保存しておきましょう。

MOやミラーリングのNASを用意して保存するのがおすすめです。

MOは一枚に記録できる容量は少ないですが、記録したデータを長期保存するのには向いています。

私も実験したところ10年ぐらい前に保存したファイルをほとんど読み込む事ができました。

ただドライブの入手も難しくなっていますし、メディアも見かけなくなってきました。

MOを入手できない人はミラーリングのNASが現実的な選択肢でしょう。

予算の許す限り大容量のものを用意し、長期保存用として中のファイルを読み書きする時だけ電源を入れるようにすると長く使えると思います。

年々データを見つけにくくなっているとの声も

4tトラックに限らず良いCADデータは見つけにくくなっているとの声もあります。

新しく見つかるファイルも有るかもしれないので、長期保存と必要に応じて時々ネット探索を行いましょう。

探索のリミット時間を決めると早く探せる

作業の締め切りを考えないで探し始めると、だらだら探しがちです。

探索の終了予定時刻を決めておくと、優先順位をつけて探したり、遅くても時間が少し過ぎたぐらいで打ち切るので、時短につながり質も上がるかもしれません。

いいサイトが見つかったらブックマークを

いいサイトが見つかったら、再度見れるようにブックマークあるいはお気に入りに登録しておいた方がいいでしょう。

実際には見に行く事は少なかったりするのですが。

探すのは大変だけど頑張って

何回もリンクをクリックして探すのも大変ですが、いろいろなデータをたくさん見なければ、どれが一番いいのかわかりません。

頑張りましょう。

データの長期保管もお忘れ無く

苦労してやっと見つけたデータや、作ったデータは、紛失したら2度と使えなくなるかもしれません。

いいデータを入手したら、長期保管も怠らないようにしましょう。

ネット上のコンテンツは、サイトの保有者の都合でいくらでも閉鎖してしまいます。

同じデータは二度と手に入らない場合がある事を、頭の片隅においておきましょう。

使いやすさや長期保持性等考えストックしておきましょう。

3種類の記憶メディアに保存できると最強です。

いずれも紛失には注意しましょう。

積み上がるって大事

仕事を長期間続けて、やっとたどり着く境地も有るかもしれません。

私は渡り鳥なので見られない景色も、新卒から同じ職場で働き続けている人には見えている世界もあるのかもしれません。

他には

検索してみると、トラックボールやグラウンドのトラックについても出てきます。

どちらもトラックの一種である事には変わりは無いのですが。

私はトラックボールは使わないですね。マウスとキーボード派です。

グラウンドのトラックは頑張って別に探すか、自作しましょう。

トラックなら何でもいいという人も

トラックにもいろいろなメーカーや製造時期、車名等でいろいろな形があると思います。
トラックに見えれば充分だという用途もあるかもしれません。

そのような時は、データ探しにはあまり時間をかけず、他の事に時間を使いましょう。

図面ができ上がるといいですね

図面が無事でき上がって、役目を果たしてくれると幸いです。

広告