4tトラックの正面CADデータをお探しですね。

広告

トラックのCADデータをダウンロードできるサイト

●使える CAD フリーデータ / バリケード、ビケ足場、立ち馬、交通誘導員など
https://51kz.sakura.ne.jp/maro-cad/

●CAD-DATA.com | CADデータ共有サイト
https://www.cad-data.com/

●トラック | CAD-DATA.com
https://www.cad-data.com/search.cgi?w=%A5%C8%A5%E9%A5%C3%A5%AF

●CADデータ一覧
http://www.revokyoukai.co.jp/cad/cad.html

●建設機械イラスト集「荷役・運搬機械」 | 西尾レントオール株式会社
http://www.nishio-rent.co.jp/product/illustration/liiustrationcargo/

●CAD フリーデータ/自動車・車いす・自転車・バイクなど
http://demo.server-queen.jp/osusume/cad/data/06car.htm

●CAD フリーデータ/油圧ショベル・バックホウ・ユンボ・生コン車など
http://demo.server-queen.jp/osusume/cad/data/01kenkikai.htm

●CAD フリーデータ/建設機械別・車両別、クレーン・高所作業車など
http://demo.server-queen.jp/osusume/cad/data/02kenkikai.htm

●4tトラック平ボディ | CAD-DATA.com
https://www.cad-data.com/tag/4t%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E5%B9%B3%E3%83%9C%E3%83%87%E3%82%A3.html

●無償CADデータ | アクティオ | 提案のある建設機械・重機レンタル
https://www.aktio.co.jp/products/cad/

●トラック CADデータ
https://51kz.sakura.ne.jp/maro-cad/convmac/track3.htm

●施工計画書用CADデータ-3D工事イラストワークス
https://www.megasoft.co.jp/3dillustrationworks/download/cad-date/

●ユニック車 CADデータ、クレーン付きトラック | 建設部門のソフトウェアとCADデータ 『建設上位を狙え』
https://constupper.com/unic01/

●乗り物 CADデータ | 建設部門のソフトウェアとCADデータ 『建設上位を狙え』
https://constupper.com/category/vehicle-cad/

メーカーサイトも参考に

メーカーサイトにCADデータがある時も有ります。

特に実機に近いデータが欲しい時は探しに行くと良いでしょう。

AutoCADのデータは変換

AutoCADのデータはそのままではJw_cadで開く事はできません。

変換ソフトを使ったり、AutoCADあるいは互換CADでR12のDXF形式で保存しましょう。

変換ソフトはJacConvertが有名です。

シェアウェアですが2ヶ月間試用できます。

●Jac Convertの紹介
http://yakushima-tonbo.com/aj_dxf/jacconvert.htm

良いデータは長期保存を

ダウンロードしたり作ったデータは、再利用に備えて長期保存できる保存デバイスに保存しておきましょう。

今ならミラーリングのNASが良いでしょう。

USBメモリーは持ち運びには便利ですが、長期保存には向いていません。

なくす可能性も大きいですし。

ミラーリングのNASは周辺機器メーカーからも出ていますし、NASキットとハードディスクを2台用意して自作する事もできます。

会社で使うのでしたら、周辺機器メーカーの製品の方が引き継ぎも容易で良いと思います。

個人向けはパソコンの自作をよく行うという人であればNASキットという選択も良いと思います。

私もDS218jというNASキットと4TBのハードディスク2台で作ってしまいました。

高機能高性能で言う事無しです。

何十年も使えそうですが、いつかはデータを整理しないと駄目なんでしょうね。

AutoCADのデータは変換して使用

AutoCADのデータをJw_cadで読み込むにはR12形式のDXFに変換したり、JacConvertというシェアウェアのツールを使う方法等いくつか有ります。

データファイルによってできるかどうかは実際、実験してみなければわかりません。

手間はかかりますが、できた時の喜びはひとしおでしょう。

●Jac Convertの紹介
http://yakushima-tonbo.com/aj_dxf/jacconvert.htm

良いデータは長期保存を

実際に図面を作る時に使った図形データに限らず、少しでも利用したいと思ったデータはできる限り長期保存しておきましょう。

MOやミラーリングのNASを用意して保存するのがおすすめです。

MOは一枚に記録できる容量は少ないですが、記録したデータを長期保存するのには向いています。

私も実験したところ10年ぐらい前に保存したファイルをほとんど読み込む事ができました。

ただドライブの入手も難しくなっていますし、メディアも見かけなくなってきました。

MOを入手できない人はミラーリングのNASが現実的な選択肢でしょう。

予算の許す限り大容量のものを用意し、長期保存用として中のファイルを読み書きする時だけ電源を入れるようにすると長く使えると思います。

年々データを見つけにくくなっているとの声も

4tトラックに限らず良いCADデータは見つけにくくなっているとの声もあります。

新しく見つかるファイルも有るかもしれないので、長期保存と必要に応じて時々ネット探索を行いましょう。

昔はトラックが無かったはず

トラックも無い時代、どうやって重い物を大量に遠くへ運んでいたのでしょうか。

時代劇を見ていても答えが見えてきません。

近年は燃費も良くなってきたはず

近年はガソリンが高くなる事が度々あります。

車に乗っていると、燃費も気になります。

きっとメーカーの方も売りの一つになるので力を入れていると思います。

でもCMを見ていると運転補助や自動化の方が目立っています。

トラックも用途でいろいろ

トラックも畑仕事から運送まで、場所により適した型は違います。

同業者の持っている車を参考に、お店の人と相談でしょうか。

今日も安全に

トラックの運転は普通の自動車より、時には責任が重大です。

リスクを取れる覚悟ができてから参入しましょう。

自動運転になるのか

高速道路から自動運転化が始まるとどこかで聞いたことがありますが、避けきれない事故が発生した時、自動運転車は適切な事故対応力を見せてくれるのでしょうか。

その点も不安の一つです。

トラックの運転は見ている以上に大変そう

トラックの運転・操作は、免許も経験も必要です。

大変なのでしょう。

私では無理だと思う

私は普通車の運転だけでも手間取っているので、トラックの運転は遙か彼方の世界に思えます。

Autocadのデータは変換

AutocadのデータをJw_cadで使用するためには、データファイルの形式を変換しなくてはなりません。

↓変換ソフトの例としてJacConvertを紹介します。シェアウェアですが試用もできます。
●Jac Convertの紹介
http://yakushima-tonbo.com/aj_dxf/jacconvert.htm

利用規約がある時は参照

データの利用規約がある場合は、商用利用が可能か等、目を通しておくといいと思います。

ダウンロードしたり作成したデータは長期保管を

ダウンロードしたり作成したデータは、今後も使う必要が出てきた時に利用する事が有るかもしれません。

長期間保存できるメディアに保存すると良いと思います。

MOやミラーリングのNASや外付けハードディスクやM-DISCがいいと思います。

USBメモリーは無くしやすいので一時的な置き場として使いましょう。

うまくいくといいですね

トラックのデータが見つかって図面が完成し、仕事が進むといいですね。

4tトラック寸法は

4tトラック寸法は、メーカーサイトでカタログを探すか、Google画像検索やGoogle検索で”4tトラック 寸法”のようなキーワードで探すと見つかると思います。
●Google 画像検索
https://www.google.co.jp/imghp?hl=ja

ダウンロードする

・探し方

普通に検索エンジンで探すと良いと思います。

Google検索が一番探すのに集中でき、結果も早く出ると思います。

画像からリンクを伝って探すなら、Google画像検索も良いでしょう。

Googleで手が詰まったら、Bingもいいと思います。

ただ、背景画像やニュースも気になるのでちょっと道草を食ってしまいますが、少しぐらいなら無駄にはならないとは思います。

普通の検索で駄目ならYahoo知恵袋や教えてGooも良いかもしれません。

質問が古くて回答のURLリンクが切れている事も時々有りますが仕方が無いでしょう。

一筋縄でいかない時は、その他あらゆる情報ソースを使って探すしかないです。

・時間制限を決める

だらだら何日も探していると、仕事人として失格と言われます。

探しながら見つからなかった時の対応も同時進行で考えておきましょう。

・仕事はボランティアではない

仕事が楽しいと完璧を求めて、充分なクオリティが有るのに余計に手間暇をかけてしまいがちですが、それも時短も追求したり、自分のリミットを決めておかないと、これも怒られます。

・AutoCADのデータしか見つからなかったら

データ変換ソフトを利用しましょう。

JacConvertやDraftSightが有名です。

前者ならDXFとJWW、後者ならDXFに変換できます。

・利用規約があれば読む

サイトのコンテンツを利用する時、大手の会社のサービスの場合、利用規約もサイトに載っている場合があります。

コンテンツを商用利用できるかどうか書いてあるかもしれないのでチェックしましょう。

会員登録する時も利用規約の画面が出てきます。

利用するのであれば同意するしかない場合も多々あるのですが。

自作する

・Google画像検索で下図を探す

参考になりそうな図画を探すと、ゼロから始めるよりとっかかりは良いと思います。

・なぞる

いろいろ良かれと思った所に線を引いていきましょう。

全く同じものでなくても大丈夫です。

むしろ、同じものでない方がいいのですが。

・多分ラスタベクトル変換はうまくない

Bitmapなどの画像ファイルをDXFなどのベクタデータに変換するソフトも、ネットで探すと有るのですが、あまり期待はできないでしょうね。

ゴミのような線や点も忠実にトレースしてしまいそうですし。

文字と線の区別もつかなそうです。

・ソフトにより操作感が違うと思うので使いやすいツールを探すと良い

まずは手元に有るソフトを使ってみて、それでも駄目なら検索してフリーソフトなどいろいろ試していきましょう。

広告