DWGとJWWを変換するフリーソフトをお探しですね。

広告

DWGとJWWの変換ソフト

●DWG ビューアの比較 | DWG TrueView、A360、AutoCAD モバイル | オートデスク
https://www.autodesk.co.jp/products/dwg/viewers

●2D CADドラフティングおよび3D設計 | DraftSight – ダッソー・システムズ
https://www.3ds.com/ja/products-services/draftsight-cad-software/

●RootPro CAD – RootPro CAD Free (フリーソフト)・Professional – ルートプロ
http://www.rootprocad.com/

●CADデータ無料変換サービスDARE【DWG・DWF・JWW・DXF・PDF対応!】 CADデータ無料変換サービスDARE【DWG・DWF・JWW・DXF・PDF対応!】
https://caddare.com/

●DWG2DXFの詳細情報 : Vector ソフトを探す!
https://www.vector.co.jp/soft/win95/business/se183689.html

●DWG, DXF関連製品
https://www.kernelcomputer.co.jp/products/list/dwg_dxf/

●建築資料館
http://www.ath-j.com/

●2D、3D、CADソフトウェアのダウンロード | DRAFTSIGHT™ – Dassault Systèmes®
https://www.3ds.com/ja/products-services/draftsight-cad-software/download-draftsight/

●エクセルとCADのファイル変換、DWG・JWWからDXF・SXF / フリーソフト
http://demo.server-queen.jp/osusume/cad/senmon/81filehen.htm

●マルチCADコンバータ【ProTRANS 2020】 | 株式会社 USTAGE
http://www.ustage.net/cad/protrans/

●マルチCADコンバータ【ProTRANS 2020】無料体験版ダウンロード | 株式会社 USTAGE
https://www.ustage.net/cad/protrans/freedownload.asp

●HOME | intellijapan
https://www.intelli.jp/

●Vector: トップ / ダウンロード / Windows10/8/7/Vista/XP/2000/NT / ビジネス / CAD・NC・プロッタ / 変換
https://www.vector.co.jp/vpack/filearea/win/business/cad/conv/

●CADファイルを変換したい!無料変換ソフト5選|CADの求人・派遣・転職情報ならCAD JOB
https://cadjob.co.jp/cad_course/column/p1014/

●【CADフリーソフトまとめ】2次元・3次元まで無料ダウンロード16種類 | CAD・製図の無料就職支援講座 「lulucad(ルルキャド)カレッジ」
https://www.lulucad.jp/2017/03/28/cad_freesoft/

●RootPro CAD ダウンロード – RootPro CAD Free (フリーソフト)・Professional – ルートプロ
http://www.rootprocad.com/download/dl.html

●Pro TRANS 2020の詳細情報 : Vector ソフトを探す!
https://www.vector.co.jp/soft/winnt/business/se505518.html

●Jac Convertの紹介
http://yakushima-tonbo.com/aj_dxf/jacconvert.htm

●CworksCAD 他社CAD互換性(DWG/JWC/DXF)
http://www.cworks.jp/cadsystem/dwg_dxf_jwc/dwg_dxf_jwc.html

●CADデータコンバーター(DWG/DXF/SXF/JWW) | 専門店CAD百貨
http://www.cad100.jp/construction/construction_dataconverter.php

●A9converterでDWG,DXFをVer変更(建築資料館)
http://www.ath-j.com/data/a9converter/

●フリーの2D汎用CADソフト「AR_CAD」 – オフィシャルサイト『AR_CAD MANIA』 – PDF, DXF, SXF, JWW, JWC, JPG, BMP, PNG形式 に対応!!
http://www.ar-cad.net/

●HO_CADpao公式ホームページ
http://www.ho-cad.com/

●DWG図面をJWW形式で書き出す – IJCAD ヘルプセンター
https://support.ijcad.jp/hc/ja/articles/205192813-DWG%E5%9B%B3%E9%9D%A2%E3%82%92JWW%E5%BD%A2%E5%BC%8F%E3%81%A7%E6%9B%B8%E3%81%8D%E5%87%BA%E3%81%99

●ODA File Converter | Open Design Alliance
https://www.opendesign.com/guestfiles/oda_file_converter

●RootPro CAD – RootPro CAD Free (フリーソフト)・Professional – ルートプロ
http://www.rootprocad.com/index.html

より良い方法はあるかもしれないが

完璧に不具合無く変換されるという事は難しいと思います。

ただ他の方法よりは良いという方法は見つかるかもしれません。

過度の期待は禁物

いろいろソフトがありますが、完璧は求められないと思います。

ファイルを変換すれば情報が欠損したり劣化するのは避けられません。

AutoCADを用意した方が良い

一番いいのは2DのデータであればAutoCAD LTを、AutoCADのデータを取り扱うならAutoCADを用意する事です。

変換の度の手間も無くなりますし、取引先で余計な手間がかかって信用を失う事よりは良いでしょう。

いろいろな組み合わせを試す

変換専用ソフトを使う方法とCADソフトを使う方法が有りますが、実際のデータをバックアップした上で試してみましょう。

どんな方法であっても、100パーセントの互換性を維持する事は不可能だと思います。

Jw_cadとAutoCADでは内部のデータ構造が違うので、データがどこかで欠落したり改変されてしまいます。

できれば変換しないのがベスト

Jw_cadのデータはフリーソフトのJw_cadで編集をかければいいのですが、DWGやDXFを始めとするAutoCAD用のデータはAutoCADを用意して編集するのがベストです。

ただ価格が高いのが痛い所ですが、変換したデータを手直しする人件費を考えると純正品を用意した方が楽ができ安くつくと思います。

AutoCADの互換ソフトを使う手も

どうしてもAutoCADを用意できない時はAutoCADの互換ソフトなら安く入手できます。

ひょっとしたらよく探すと無料で使えるソフトも有るかもしれません。

AutoCADで編集するのが一番

DWGファイルはAutoCADで編集する事を前提に仕様が決められています。

文字化けを絶対起こしたくないと思う場合は、AutoCADの導入を真剣に検討しましょう。

1ライセンスだけでいいのです。

そのライセンスを昼間は誰も使っていなければ内業部隊に使ってもらって、現場班はそれ以外の時間に使わせてもらいましょう。

その方がAutoCADメインの取引先にも喜ばれるでしょう。

過度の期待は禁物

AutoCADを使えれば一番いいのですが、他のソフトで変換となると、どうしても完璧な変換は難しいでしょう。

AutoCADに限らずソフトウェアはソースコードを外部に漏らす事なんて考えられません。

変換ソフトはいろいろソフトを動かして解析したり、読み書きしたデータを分析したり、研究の結果やっとの事で作り上げています。

どこかしら完璧で無い部分が出てくるのは仕方の無い事です。

ソースコードを見たわけではないので。

滅多に走らないプログラム部分はおそらく考慮のしようが無いでしょう。

DraftSightもJacConvertもJw_cad関連のソフトとしては有名ですし、お金をかけずに試す事もできます。

どうしてもAutoCADを導入できそうも無い所では、これを導入するのもやむを得ないかもしれません。

バージョンR12のDXF形式で取引先とやりとりする方法も有りますが、これも完璧では無さそうです。

手直しが必要という声を良く聞きます。

異なるCAD間でデータ変換を行うと、CAD内部のデータ形式に差異が有るため、化けたり欠損するのはやむを得ません。

いくつか変換の方法は有るので、できれば全部行い、最も良好な方法を探る事から始めましょう。

パソコンはお金のかかる道具

パソコンは昔からお金のかかる道具です。

昔はメモリーやハードディスク、その他拡張ボードを追加するのでわくわくしていました。

近年はソフトの出費が多くなりました。

いつかパソコン屋さんになるのが小さい頃の夢でしたが、パソコン販売店にはなれなかったものの、パソコンに関連した仕事を転々とする事ができ、部分的にはかなったのかもしれません。

個人でパソコンを売っていても、安く品揃え多く提供する事なんてできませんし、無理だったのでしょう。

パソコンの自作も夢だったので、もう充分かもしれません。

受け取った形式に対応したソフトで編集

本来はJw_cadの形式ならJw_cadで編集、DWGならAutoCADで編集するのがベストでしょう。

変換ソフトは若干データが化けたり消失したりするので、最悪の場合トラブルのもととなる可能性もあります。

探してみるといくつかある

変換するソフトもいろいろあるものです。

検索エンジンを使って、他にももっといろいろ見つける事もできるかもしれません。

有料ソフトは予算に応じて

有料のソフトはCADソフトの場合、高価かもしれません。

まずは無償版を試し、有償版を試す価値があるか見極めましょう。

互換CADならDraftSightも

AutoCADが高価すぎてどうにもならない方は互換CADのDraftSightも良いでしょう。

無償版も有償版もあります。

手軽に試せるのがいいところです。

↓ダウンロードはこちらから
●2D、3D、CADソフトウェアのダウンロード | DRAFTSIGHT™ – Dassault Systèmes®
https://www.3ds.com/ja/products-services/draftsight-cad-software/download-draftsight/

安価な変換ソフトならJacConvert

シェアウェアのJacConvertなら試用で変換精度を試せます。

支払いする時も安価なのでお財布にはやさしいでしょう。

●Jac Convertの紹介
http://yakushima-tonbo.com/aj_dxf/jacconvert.htm

DXFかSFCファイルで受け取る

AutoCADのデータをJw_cadで編集する時は、DWGファイルを渡してくれた人に、R12のDXF形式かSFC形式で渡してもらえるようにお願いしましょう。

Jw_cadのデータをAutoCADユーザーに渡すときはDXFかSFC形式で渡しましょう。

データを渡してくれた人と同じ環境を揃える

一番いいのは自前でAutoCAD LTの入ったパソコンを用意し、そのパソコンで編集する事です。

変換はどうしても完璧では無く、データの劣化を防ぐ事はできません。

化けた部分が少なければまだいい方です。

ソフト代と取引先との信用を考えると、1ライセンスぐらいAutoCAD LTが有った方が仕事がスムーズに進むのではないでしょうか。

広告