Jw_cadをタブレットで使う方法をお探しですね。

広告

Jw_cadを動かすにはWindowsが必要

Jw_cadはWindows上でのみ動かせるソフトです。

Macでも動かす方法も有りますが、それは特殊なソフトにWindowsの代わりをしてもらっているおかげです。

基本的にはタブレットでJw_cadを動かしたいのであれば、Windowsタブレットを用意すると良いでしょう。

Windows 8/8.1/10なら望みがありそうです。

WindowsRTはできないでしょう。

ただタブレットはタッチ端末なので、Jw_cadで使いやすいかと言えばわかりません。

結局はマウスとキーボードを接続して使う事になるかもしれません。

Android・iPadではアプリで閲覧

↓Androidはこちら

●JW_cad Viewer – Google Play のアプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.junkbulk.jw_cadviewer&hl=ja

↓iPadはこちら

●‎「TouchJW v2」をApp Storeで
https://apps.apple.com/jp/app/touchjw-v2/id996794955

PDFで持ち運ぶのも現実的

閲覧アプリでも用事が足りない場合は、図面をPDFに変換してクラウドストレージに置いたり持ち運ぶ方法も有ります。

↓図面をPDFに変換するフリーソフトとしてCubePDFというのがあります。

●無料 PDF 変換・作成ソフト CubePDF – CubeSoft, Inc.
https://www.cube-soft.jp/cubepdf/

印刷画面を呼び出して、プリンタをCubePDFに切り替えて印刷するだけです。

PDFの保存先を聞かれるので、デスクトップとでもしておけば良いでしょう。

デスクトップクラウドも便利

●for Biz | お名前.com デスクトップクラウド
https://www.onamae-desktop.com/biz/

クラウドサーバー上のWindowsを動かせるサービスです。

パソコン・スマホ・タブレットに対応しています。

スマホやタブレットからもWindowsの画面を呼び出せるのでJw_cadも操作できるでしょう。

使いやすいかは別として。

とりあえず一番安い料金プランから始めると良いと思います。

用途が見つかり次第ランクアップもできます。

Windowsタブレットを使う

Jw_cadはWindows上で動作するソフトです。

Jw_cadが対応したWindowsがインストールされているタブレットであれば、インストール・使用ができると思います。

ただし、Windowsと書いてあっても、モバイル版だったりWindowsRTなど、通常のパソコンOSと違うWindowsが入っている場合は使えないかもしれません。

買う前に心配な時はタブレットメーカーのサポート窓口に聞く事をおすすめします。

WindowsタブレットとAndroidタブレットを間違える人がいますが、高い買い物でもありますし、スペック表と型番のチェックはしっかり行いましょう。

タブレットで動くCADアプリ

↓タブレットで使えるCADはいくつかあるみたいですね。
●CADの利用時に役に立つ! スマホやタブレットでも使えるCADのアプリ|CADの求人・派遣・転職情報ならCAD JOB
https://cadjob.co.jp/cad_course/column/p912/

PDFで見るのが現実的では

いちばんお金のかからないタブレット活用法としてはJw_cadの図面をPDFにして持ち運ぶ事でしょう。

フリーソフトのCubePDFというソフトを使う事ができます。

↓ダウンロードはこちらから
●無料 PDF 変換・作成ソフト CubePDF – CubeSoft, Inc.
https://www.cube-soft.jp/cubepdf/

印刷に使うプリンタをCubePDFにして印刷操作を行います。

後はPDFファイルの保存フォルダやファイル名を指定するとその場所にPDFファイルが作成されます。

タブレットでPDFが開けない時はPDFリーダーアプリのインストールが必要です。

タブレットを使う人も増えてきた

電車に乗っていても最近はタブレットを見かける事が増えてきたなと言う印象です。

大画面でWebサービスを利用したいというニーズがあるのでしょう。

学校でもタブレットを授業に使うところが増えてきたみたいです。

ニュースでもちょくちょく取り上げる事が増えてきました。

私を含めて昔人間からすると、黒板をただノートに書き写すだけでも学生の時は結構頭に残るものです。

タブレットの画面を見て覚えてといってもちょっと厳しいのではと思うのですが。

それをこえるメリットがあるとして使っているのでしょうけど。

私だったら学生向けの通信教材のタブレットなら欲しいですね。

脳のトレーニングになりそうですし。

今は時間が有りませんが。

そのうち5Gサービスが始まりますが、帯域を生かしきれば、スマホがもっと快適に使えるようになりますし、他にも生活が便利になるサービスが始まるかもしれません。

通信料金は普通に使っている人が普通に支払える範囲の料金設定となるといいのですが。

ちょっと今更で申し訳無いのですが、工事現場は紙の図面の方がいいんじゃないかと未だに思います。

タブレットに水や土を付けると壊れやすくなっていきます。

紙ならぐしゃぐしゃになったらまたプリンタから刷ればいいだけです。

ビニール袋に入れて持ち歩けば天気が良くなくても夕方まで持つものです。

ただ枚数が多くなってくると困った事になります。

昭和時代はそれでも紙で現場が動いていたと思います。

その時代を想像すれば解決のヒントが見つかるかもしれません。

PDFで見るのが現実的では

いちばんお金のかからないタブレット活用法としては、Jw_cadの図面をPDFにして持ち運ぶ事でしょう。

フリーソフトのCubePDFというソフトを使う事ができます。

↓ダウンロードはこちらから
●無料 PDF 変換・作成ソフト CubePDF – CubeSoft, Inc.
https://www.cube-soft.jp/cubepdf/

印刷に使うプリンタをCubePDFにして印刷操作を行います。

後はPDFファイルの保存フォルダやファイル名を指定するとその場所にPDFファイルが作成されます。

タブレットでPDFが開けない時はPDFリーダーアプリのインストールが必要です。

タブレットを買うのもお金がかかりますし通信費もかかります。

今まで通り紙に印刷して持ち歩くのも良いと思います。

更新する度にきれいな紙に印刷すればいいのではないでしょうか。

タブレットは埃や土が付くだけでも寿命が近づいていきますし。

昔の人のやっていた事がローテクでも、いざそれでいろいろなものが動いたりします。

今後もIT機器は進化しますが、本当に必要なのかよく吟味していきたいです。

ただ、私はパソコンは普通に使えますが、スマホとタブレットの操作に疎いです。

今のところは大して困る事も無いのですが。

スマホとタブレットの強みは外でもいつでも簡単に使える事でしょう。

でも個人的にはガラホは持ち歩いても、スマホは特別な時しか持ち歩かないというのが現状です。

タブレットの導入は個人的にはまだまだ先になりそうです。

Jw_cadをタブレットで動かす方法

Jw_cadをタブレットで動かす方法をいくつか紹介します。

↓こちらでまとまっています。
●タブレットでJWWを見るだけでなく操作できますか。寸法を出したり・・・ – Win… – Yahoo!知恵袋
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13174305028

結局はマウスを使う事になるようなので、タブレットのうま味をうまくいかせないのが残念なところです。

雨の日や泥の多い現場では壊しやすくなるので、紙に印刷して持ち歩くというのも現実的な選択肢のような気がします。

デスクトップクラウドを使う

クラウドサーバ上のWindowsを表示・操作できるクラウドサービスがあります。
↓詳しくはこちら
●for Biz | お名前.com デスクトップクラウド
https://www.onamae-desktop.com/biz/

アンドロイドやiPadやWindows、Macなど多くのプラットホームからWindowsを操作できます。

こちらのWindowsにJw_cadをインストールすれば良いのではないでしょうか。

私も試しにインストールした所、インストールができて動作することがわかりました。

ただタッチ操作で使いやすいかは厳しいところです。

安くて短期の契約から試されると良いでしょう。

他にもいくつか使い方を思いつく人には便利なサービスです。

どこでも使えるWindows環境を構築したい人には便利だと思う人もいるかもしれません。

FXのトレードはあくまでも活用例で必須では無いと思います。

私もデスクトップクラウドを使っていますが、毎日決まった時間に起動させたいソフトがあったり、時間をかけて大量にファイルをダウンロードしたい時なんかは便利です。

一本ぐらいは持っているといいと思います。

ちょっと高いですが。

人によっては用途を見つけられないという人もいても仕方がありません。

最初は最安プランで月払いから始めて使いながらグレードをアップしていくと良いと思います。

昔は24時間パソコンつけっぱなしにしなければできなかった事が簡単にできるようになるので、興味を持った人は試してみると良いと思います。

広告