Jw_cadでアイソメ図の書き方をお探しですね。

広告

配管アイソメ図の書き方について

●エルボ継手の配管図面記号
http://www.hkpnote.com/sign/sign04.html

●ダウンロード: JW_CAD(win)用設備線記号変形集ver1.2 – 建築フォーラム(farchi)
https://www.farchi.jp/downloads/index.php/84

●ハルス設計
http://park3.wakwak.com/~harusu/

●>蜻蛉の部屋(CADと情報のHP)
http://www1.odn.ne.jp/~tonbo/

●株式会社タニカワ
http://www.jw-club.net/

●電設施工図配管・配線種別線記号の詳細情報 : Vector ソフトを探す!
https://www.vector.co.jp/soft/dos/business/se062089.html

●ストレーナなど配管部品の図面記号
http://www.hkpnote.com/sign/sign11.html

●配管図アイソメ作図 – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=gvqaWnJT1G0

●JWWのCAD図形データ – 建築設備の情報館 – Jw_cad 設備設計情報室
https://jwcad.setsubit.com/

●配管図面からアイソメ図の書き方 | 合同会社エスキージャパン
https://www.eskyjapan.com/method/pipe/

●0Chapter5アイソメ図の作成
http://www.kanon-in.com/cad/image/PDF5-01.pdf

●【保存版】現場で本当に使えるアイソメ図を描くために押さえるべき7つのポイント | 配管工のお役立ちノート
https://haikanko.net/7-points-for-drawing-isometric-drawings-that-can-be-used-at-construction-sites

●パイプサポートの配管図面記号
http://www.hkpnote.com/sign/sign13.html

●配管系の立体的表示方法・図記号例
http://www.hkpnote.com/sign/sign03.html

●アイソメ図作成です。
http://shuei.boo.jp/006manyuareuaisome.htm

●「ポンチ絵の基礎と描き方 vol.2」 アイソメ図の基本 | 「タキレポ」産業用金物・工業用金物の「タキゲン」が発信するメディア
https://www.takigen.report/serialization/%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%83%81%E7%B5%B5%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E3%81%A8%E6%8F%8F%E3%81%8D%E6%96%B9/post_3410/

●JW CAD 使い方(アイソメ図)基本理論 – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=muVrepegf5g

●jikusoku
https://cc.musabi.ac.jp/zoukei_file/03/seizu/NewFiles/jikusokutouei.html

●CAD フリーデータ/給排水設備図、配管記号、アイソメ図、洗面台
http://demo.server-queen.jp/osusume/cad/data/51haikan.htm

過去の図面を見せてもらう

職場で過去に会社の人が作った図面を見せてもらいましょう。

読み取って法則を見つける

図面を見て一つでも多く法則を見つけましょう。

そして自分でできる技を多く身につけましょう。

数をこなすと上達する

おそらく図面作成の数をこなす事で、上級者にスピードも質も近づいていくと思います。

頑張りましょう。

方眼紙を利用するのも概念をつかむのには有効

上記サイトでも解説でアイソメ図用方眼紙を使っている例がありますが、いきなりCAD入力に抵抗を感じる人は方眼紙に下書きをしてからCADに入力した方がスムーズかもしれません。

慣れてくると方眼紙無しでも描けるのかも

慣れてくるとCADも自分の手足と同じように使えるようになり、方眼紙無しでも図面を作れるようになるのかもしれません。

同業者が利用しているアイソメ図の描画に向いたCADを教えてもらう

Jw_cadでアイソメ図は少量ならいいのですが、大量に図面を作るようになったら便利な業務CADを探した方がいいかもしれません。

私もあるかどうかちょっと自信の無いところも有りますが。

Jw_cadでは生産性に難があるような気がしますし。

業務CADはなかなかネットに情報が無かったりします。

頑張って情報を探しましょう。

Google画像検索でゴールのイメージを探す

Google画像検索は優秀でいろいろ見せてくれます。
●Google 画像検索
https://www.google.co.jp/imghp?hl=ja

会社にある図面が見本になるのであればそれを見て作るべきですが、それが用意できない時には何も無いよりは良いでしょう。

工程をすべて紙に書き順序立て作成計画を

図面を書くには必要な数字を整理したり、CADで図面枠をどこかから取ってきたり、いろいろな段取りがあると思います。

見本となる図面を見て何をしなければならないのか、もれなく書き出し、それが終わったら番号を振って清書して時間などを書き込んで計画書を軽く作りましょう。

2回目以降になればそんなものは要らなくなるのかもしれませんが。

絶対やり遂げるという気持ちがあればなんとかなる

アイソメ図はなかなか面倒そうです。

最初はやり遂げる事を目標にし、次からは時短や省力化を狙ってもいいと思います。

書籍を入手

独学からスタートしたい人は書籍を探すといいでしょう。
●Amazon | 本, ファッション, 家電から食品まで | アマゾン
https://www.amazon.co.jp/

“アイソメ図”で検索してもあまり出てきませんが、”製図”のような関連キーワードで検索するといくつか出てくるかもしれません。

アイソメ図はわかる人の教えで覚えていく事なのかもしれません。

職場の先輩に聞く

仕事でアイソメ図の読み書きを行うのであれば、入社して早い段階で、先輩からわからない事を教わりましょう。

時間が経てば経つほど教わるハードルが上がっていきます。

頑張りましょう

私もアイソメ図を書いてくれと言われても書けそうもありません。

アイソメ図はなかなか義務教育では習わない事ですし、専門の教育機関でやっと習うかどうかの内容です。

最初はできなくて当然なのです。

険しい道のりが待っていますが、頑張って克服しましょう。

アイソメ図ってどうやって書くのだろうと思う

未だにアイソメ図はどうやって書くのか、私もよくわかっていません。

原稿が有って、制限時間無制限だったら書けそうな気がしますが。

実務で数こなすのが最短でマスターできる

きっとプロの方は数をこなして、いつの間にかモノにしてきたのでしょう。

今はだんだん道具も良くなってきましたし、ハードルは低くはなってきたのでしょうけど。

こういうのを速攻で書ける人が残れるのだろう

手早く仕事をこなせる事も、生き残りのための武器になります。

私は常にマイペースだったので、消えた事もありました。

転職が多くてもいろいろな職場や仕事を体験できて、悪い人生ではないのですが、高齢になってからの転職は大変だと今から思います。

書き方は過去の例を参考に

過去の図面の書き方にならうのが基本だと思います。

ただ、規則が大きく変わればそれにならわなければなりませんが。

現場や用途によって表記は違うかも

市区町村によって凡例が微妙に違うという事もありえます。

ここでも過去の図面を参考にする必要が出てきます。

これも経験年数がものを言うのかも

年季を積む毎に正確な判断ができるようになっていくのでしょう。

買ってきてもいいしプリンターで出力しても

上記サイトにもありますが、プリンタで印刷するタイプと、印刷済み方眼紙を通販で買うタイプがあります。

いつかCADに直入力できる日が

年月を経ると、方眼紙にきれいな下書きをしなくても、直でCADに入力できる日が来ると思います。

学校では紙に書く事から習いそう

学校ではおそらく、用紙に手書きする事からアイソメ図の学習が始まるような気がします。

それが基本だと思いますし。

CADに入力できるようになる前段階

手書きがある程度できないとCADへの入力は難しいでしょう。

昔は手書きオンリーだったのでしょう。

時代は変わりました。

昔の人が今のCADシステムを見たら、いくらでも買うと言っていたかもしれません。

配管を表すのによく使う

機械設計でも使うのかもしれませんが、個人的には上水道の図面でよく見た覚えがあります。

業務で必要ならきっと覚えられる

業務でアイソメ図を書く必要があれば最初は大変ですが、よくわからないことを一つずつ解決していけば、きっと独り立ちできると思います。

3DCADは楽できるが高い

3DCADでアイソメ図を作ると楽かもしれません。

ただ導入コスト・保守コストが高いでしょう。

図面の作成工数も増えるようですし。

2DCADはスキルアップでき安い

2DCADを使っている会社もまだ多いようです。

3DCADが導入できなければ、2DCADを使い続けるしかないですし。

私はアイソメ図が描けないが

私もアイソメ図を描けません。

一枚図面を書かせたら何日かかるかわからないでしょう。

一枚手取り足取り教えれば、あとは慣れと工夫でいくらでも省力化高速化はできるのでしょうけど。

広告