Jw_cadの日影図について情報をお探しですね。

広告

日影図について

●【 日影図|その他|Jw_cad 】- JWW情報館
http://www.homeplannet.com/modules/xpwiki/?%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%AB%2F%E3%81%9D%E3%81%AE%E4%BB%96%2F%E6%97%A5%E5%BD%B1%E5%9B%B3

●JW CADで日影図を作成する。 : jwcadマニュアル/cadフリーソフト使い方
http://blog.livedoor.jp/jwcadnet/archives/51291044.html

●遠山英雄都市建築設計事務所-役に立つ操作情報>AutoCAD2000_No2>_jw_cad
http://toyama.o.oo7.jp/jw_cad.htm

●[日影図]コマンド|Jw_cad超初心者道場 ~JWCADの使い方~
https://www.jwdojo.com/others/1500.html

●JWW専用掲示板 [One Topic All View / Re[4]: 日影図 / Page: 0]
http://www.ath-j.com/cbbs2/cbbs.cgi?mode=al2&mo=1496&namber=1496&space=0&rev=0&page=0&no=1&KLOG=5

●JWW専用掲示板 [One Topic All View / Re[3]: 日影図の書き方について / Page: 0]
http://www.ath-j.com/cbbs2/cbbs.cgi?mode=al2&namber=16435&rev=&no=1&KLOG=76

●日影図 – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E5%BD%B1%E5%9B%B3

●日影規制についてわかりやすくまとめた
https://iqra-channel.com/sun-shadow-regulation

●3. 日影による規制の解説1
https://w-wallet.com/hikage3.html

●日影規制 — まるわかり注文住宅
https://chumon-jutaku.jp/knowledge/low/6412/

●日影図 — まるわかり注文住宅
https://chumon-jutaku.jp/words/ni/1202/

●日影図作成の演習と実務 | 日照計画研究会 |本 | 通販 | Amazon
https://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E5%BD%B1%E5%9B%B3%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%81%AE%E6%BC%94%E7%BF%92%E3%81%A8%E5%AE%9F%E5%8B%99-%E6%97%A5%E7%85%A7%E8%A8%88%E7%94%BB%E7%A0%94%E7%A9%B6%E4%BC%9A/dp/439500007X

Jw_cadでもできるらしいが

Jw_cadなら無料で日影図を描く機能が備わっています。

使い方は難しそうなので、書籍を買ってきた方がいいでしょう。

Amazonや大きな本屋さんに行けばあると思います。

どこまで正しいのかの検証は難しい

実際に冬至の日に日影を計測すれば確かめられますが建物にかかったり、天気が悪かったり、一日影を計測する人の人件費等を考え出すと正しいかどうかの検証は難しかったりします。

ソフトを信じるしか無いのかもしれません。

法的に必要な計算なのでしょう

日影規制は建築基準法の規制みたいです。

建築家はただ安全性やコストやその他諸々だけで無く、最新の法令もかみ砕いて知っていなければならないので大変です。

私は民法すら難しいと考えてしまうレベルなので、法律を解釈できる人はすごいと思います。

書籍の入手が手軽

Amazonで”Jw_cad 日影図”を検索すると何冊か出てきます。
●Amazon | 本, ファッション, 家電から食品まで | アマゾン
https://www.amazon.co.jp/

時間があれば大きな本屋さんで見て、購入されるといいと思います。

ネットの情報より書籍の方が整理されていて、読みやすいでしょう。

Jw_cadは日影図も無料で良い

日影図を計算できる著名なフリーソフトは、Jw_cadしかないのではないでしょうか。

探し方が足りないせいもあるのかもしれませんが。

チェックのため他のソフトも探す

チェックのため他のソフトも使ってみると、新しい発見が有るかもしれません。

冬至の日の影について算出

日影図は冬至の日の建物の影を計算して求めます。

太陽が南寄りの低い角度で移動するので影が長めにできます。

冬至の日が選ばれているのは決まりなのでそうするしかありません。

特別な日になると時の進みを意識する

冬至はクリスマスや年末が近づき一年でも楽しい時期です。

そんな事を言っていると毎日楽しい時期なのかもしれませんが。

年の数字を見ると、あれから何十年経ったのだなとか時の進みの速さを意識します。

若い人は今を大切に

若いうちは時間はゆっくりすぎていきます。

歳を取って速くなるというのはその年齢にならないと体感できない事ですし、個人差も大きいかもしれません。

若い時しか出来ない事もあります。

良い人生を送りましょう。

Jw_cadの日影図の書籍を探しては

↓まずはAmazonで探してみましょう。
●Amazon | 本, ファッション, 家電から食品まで | アマゾン
https://www.amazon.co.jp/

“jwcad 日影図”で検索するといくつか出てきます。

時間があれば、県庁所在地クラスの街の大きな本屋さんでも探すといいでしょう。

地方はぴんとこないが大都会では問題になる

地方は背の低い建物が多いので、ビルの多い大都会ほど問題になる事は多くないでしょう。

でも、密集して建物があるところは問題になるかもしれません。

昔は太陽が移動するだけでもときめいたが

私も昔は天文ファンで日の出・日の入りの瞬間を見たり、月や惑星を望遠鏡で見たりするのが好きでした。

最近は火星が大接近しても見ていないので、もう熱は冷めたのかもしれません。

今は専門書籍もある

Amazonで”jwcad 日影図”で検索するといくつか出てきます。

●Amazon | 本, ファッション, 家電から食品まで | アマゾン
https://www.amazon.co.jp/

職場でわかる人がいれば聞くのも

職場で日影図の作り方を知っている人がいれば、聞くのもいいと思います。

思ってもみない情報を持っているかもしれません。

日影図は難しそう

常に思うのですが、その道のエキスパートでないと使わない機能なので難しそうな感じは否めません。

日影図とは

日影図は建物の日影の図面の事だと思います。

もうちょっと厳密な定義を知りたい人は調べましょう。

↓Google検索で”日影図とは”で調べるのはどうでしょうか。
●Google
https://www.google.co.jp/

↓画像で図面の例を見たい方は、Google画像検索で”日影図”なんていかがでしょうか。
●Google 画像検索
https://www.google.co.jp/imghp?hl=ja

Webで書き方を探す

↓WebでJw_cadでの日影図の書き方はこちらに説明があります。
●【 日影図|その他|Jw_cad 】- JWW情報館
http://www.homeplannet.com/modules/xpwiki/?%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%AB%2F%E3%81%9D%E3%81%AE%E4%BB%96%2F%E6%97%A5%E5%BD%B1%E5%9B%B3

書籍で書き方を探す

↓Amazonで検索すると次のような書籍が結果に出てきます。
https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Daps&field-keywords=Jw_cad+%E6%97%A5%E5%BD%B1%E5%9B%B3

書籍の方はプロの作家や編集の人の目で何重にもチェックを受けているので、お金は高いですが、質は良いと思います。

時間があれば大きな本屋さんで実物を見て立ち読みがてら、買っていくのがいいでしょう。

買う時は実際に自分で本の説明通り操作してできそうか、チェックする事も大切です。

あまり難しそうな本を買ってしまうと、押し入れの肥やしになってしまうでしょう。

そんな事を書いておきながら、私も肥やしになってしまった本を大量に持ってはいるのですが。

先輩から教わる

先輩から教わるのも良いですが、本を読んで覚えられるレベルの知識は自分で仕込んだ方がいいですね。

先輩も学校の先生でもないですし、暇でもないはずです。

私もわからない

私ももうちょっと日影図の具体的な所に踏み込めればいいとは思うのですが、もう仕事でJw_cadを使うとは思えないので、もっと充実したコンテンツを書ければと思ってもなかなかうまくいかないものです。

日影図の解き方

日影図の解き方をお探しですね。

↓参考リンクです。

●aja_1st_環境設備_13_original_本講座00 – aja_1st_env_13_original_02.pdf
http://www.architype-lab.com/arch_lab.data/web_09/aja_13/aja_1st_env_13_original_02.pdf

建築士関連の試験でしょうか。

テキストを読んで、過去問を解いてチャレンジです。

建築士は受験資格があり、誰でも受けられる試験ではないと思います。

建築の仕事は土木だけでなく、人の生活すべてを包むモノなので、自然物から人工物や法律などあらゆる世界が全部対象になり大変です。

日影図は小学生ぐらい頭が柔らかければ、自由研究のノリで理解できるのですが、大人になって漢字や数式がたくさんの本を前にすると、滅入ってしまいます。

広告