WinTopoの使い方をお探しですね。

広告

WinTopoの使い方

●Wintopoの使い方
http://yakushima-tonbo.com/jw_cad/wintopo/wintopo.htm

●ラスターベクター変換ソフトの \”WINTOPO\” – 雑記帳
https://blog.goo.ne.jp/debugroom/e/e4a8e3204bf0f4e6d42f48695d7e2217

●WinTopo – Raster to Vector conversion Software
http://www.softsoft.net/wintopo/

過度の期待は禁物

ラスターベクター変換を自動で行いたいというニーズは、CADを扱う人には有る事でしょう。

現状PCで行う事のできる事は、プログラムに打ち込んだ事のみです。

AIであっても、途中で数学的計算を行い、開発者でも内部で何を行っているかわからない計算を行っているだけです。

人がトレースすれば、文字か線かノイズがかかっていても判別できる場合は多いでしょう。

ラスベク変換のソフトで全面自動化とはいきません。

AIの進化でもっと融通の利くソフトができるかもしれませんが、AIのプログラムが人間の能力を超えるまでは人の仕事は無くならないでしょう。

他にもPDFをDXF等に変換するソフトもネット上には存在します。

ただ今の技術水準では人がトレースした方がはるかに良い図面を作れます。

自動化すれば速く図面が作れるかといってもそれも無いでしょう。

下手をすると手直しの方が時間がかかるかもしれません。

実験してみて上手くないなと感じたら人の手でトレースしましょう。

多分今後のラスタベクタ変換はAIが行うように

AIの画像認識は従来のプログラムを行ったシステムより高精度でできるところまできました。

ラスタベクタ変換も機械学習で大量のデータを流して試行錯誤すれば、特定の用途に限り人の仕事を上回るようになるかもしれません。

人が行う仕事の方が質の高い事に気づく

システムが優秀になっても、おそらく人が見れば駄目出しができるケースが多いでしょう。

AIを道具として使い、人がより質の高い仕事を楽にできる、そんなレベルで留まって欲しいです。

何もかも機械が行い、機械に毎日使われるそんな世の中にはなって欲しくないものです。

どうしても手編集を加える必要が

ツールは紙面のゴミも線としてとらえたり、文字も図形としてとらえたりしがちです。

人の目でチェックをする必要があり、場合によっては手でトレースした方が時間のかからない場合も出てきます。

一番間違いの無いのが手でトレース

現状まだ人がトレースする方が、図面を使う人にとって意図した線を引いてくれる場合が多いでしょう。

枚数が多くなってくると、高い機材を使って機械化は避けられないかもしれませんが。

ちょっと矛盾してきましたね。

CADデータをもらってきた方が良い

結局ラスターベクター変換で時間をかけるより、データをくれた人にCADデータでもらえないかお願いした方が、お互いのためかもしれません。

広告