4tユニック車のCADデータをJw_cadで使いたいのですね。

広告

ユニックのCADデータを無料でダウンロードできるサイト

●使える CAD フリーデータ / バリケード、ビケ足場、立ち馬、交通誘導員など
https://51kz.sakura.ne.jp/maro-cad/

●CAD フリーデータ/油圧ショベル・バックホウ・ユンボ・生コン車など
http://demo.server-queen.jp/osusume/cad/data/01kenkikai.htm

●CAD フリーデータ/建設機械別・車両別、クレーン・高所作業車など
http://demo.server-queen.jp/osusume/cad/data/02kenkikai.htm

●ユニック車 CADデータ、クレーン付きトラック | 建設部門のソフトウェアとCADデータ 『建設上位を狙え』
https://constupper.com/unic01/

●CADデーター【移動式クレーンの辞典】
http://www.hitati.co.jp/CAD/GR600N200B.dxf

●建設機械イラスト集「荷役・運搬機械」 | 西尾レントオール株式会社
http://www.nishio-rent.co.jp/product/illustration/liiustrationcargo/

●ユニック | CAD-DATA.com
https://www.cad-data.com/search.cgi?w=%A5%E6%A5%CB%A5%C3%A5%AF

●MISCELLANEOUS DATA STORAGE 2 for CAD Drawings: [JWS/DWG] 4t ユニック 4段 10mブーム
http://miscellaneous-data-storage2.blogspot.com/2018/02/jwsdwg-4t-4-10m.html

●無償CADデータ | アクティオ | 提案のある建設機械・重機レンタル
https://www.aktio.co.jp/products/cad/

●CAD-DATA.com | CADデータ共有サイト
https://www.cad-data.com/

●CAD フリーデータ/自動車・車いす・自転車・バイクなど
http://demo.server-queen.jp/osusume/cad/data/06car.htm

●CADデータ一覧
http://www.revokyoukai.co.jp/cad/cad.html

●JWW専用掲示板 [One Topic All View / Re[1]: 4tユニックのデーター / Page: 0]
http://www.ath-j.com/cbbs2/cbbs.cgi?mode=al2&namber=3182&rev=&no=1&KLOG=14

●ユニック車、クレーン付きトラック、カーゴクレーン – 樹木・家具・車、建設機械、交通整理員、住宅機器などのCADデータ。
http://nandmo33.blog.fc2.com/blog-entry-11.html

●古河ユニック株式会社
http://www.furukawaunic.co.jp/

●ユニック | CAD-DATA.com
https://www.cad-data.com/tag/%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF.html

サイトをブックマーク

良いデータが見つかったサイトは、ぜひお気に入りやブックマークに登録しておきましょう。

フォルダ名も工夫して、いつでも見やすい場所に配置しましょう。

AutoCADのデータ変換を試行錯誤

AutoCADのデータをJw_cadで開くためには、Jw_cadで開ける形式にファイルを変換する必要があります。

AutoCADをお持ちであれば、R12のDXF形式に変換するとJw_cadで開けるかもしれません。

他にはJacConvertを推している人がいます。

シェアウェアですが試用もできます。

●Jac Convertの紹介
http://yakushima-tonbo.com/aj_dxf/jacconvert.htm

他にも変換できるソフトは有るようです。

うまくいく方法は試行錯誤で見つけていくしか無いかもしれません。

長期保存で時短化

図面作成がうまくいった時に使ったデータはぜひ長期保存を行いましょう。

デスクトップに貼り付けたままにしておくと、いつの間にか無くなったという事になるかもしれません。

MOやミラーリングのNASや外付けハードディスクやM-DISCが良いでしょう。

まだまだ人がやらないとならない仕事も多い

Google画像検索で”4tユニック車”と検索すると、クレーン付きトラックの画像がたくさん出てきます。

ユニック車は力持ちの車ですが、操作するにはそれなりに力持ちの人でないと危ないでしょう。

移動で、もうちょっと力が欲しい時は、力持ちの人がいるといいですから。

機械は省力化に貢献しますが、それを使ったり管理する人はいくら機械が優れていても最後は人がいないと駄目です。

ちょっと脱線してしまいましたが、どんなデータを選ぶかも機械より最終的には人間の方が優れていると思います。

検索力を鍛える

Googleで検索すると、他にもたくさんヒットすると思います。

いろいろキーワードを変えていくと、どんどん目的のコンテンツに近づいていったり、ある瞬間を境にあさってのほうに遠ざかったり面白いです。

それで一番近づいた時のキーワードを、忘れてしまったりします。

そのうち、戻るでたどり着いたり。

いろいろな展開があります。

ただ、仕事で検索をかけている時は、検索して遊んでいるように思われても困るので、休みの日に暇でしたら、プライベートなキーワードで良いので検索の練習をされると良いでしょう。

自分の興味のある内容を調べるのは楽しいですから。

ユニックを操作できるまで下積みが長そう

ユニックと聞いてぱっとしない人は、Google画像検索をしましょう。

クレーン装置付トラックという感じですね。

現場で操縦できるようになるまでは、下積みも必要ですし、免許も必要です。

ユニック車でボートを運ぶのを見たことがあります。

個人の能力を超える物品は、持たない方がいいんじゃないかと思います。

何かする度に、人を呼んでお金をかけていたら、お金がいくらあっても足りません。

あと個人でいろいろ仕事を覚えて、自分でできるようにできれば良いのですが、それもどこかで限界を感じますね。

何十年も業務をしてきた人には、本一冊読んだくらいの素人ではかなわないので、アウトソーシングした方がいいですね。

この年齢になって本当に感じます。

今日も安全に

Google画像検索でも4トンユニック車の画像を見ることができます。

ユニック車のCADデータは、なぜか検索する人が多いです。

作業指示図でしょうか?

プロの人って段取りよく作業をしていきます。

足場を維持しながら安全面、作業効率をよく考えています。

そこまで来るのに下積みが長かったのでしょう。

3次元施工等、時々テレビのニュースで取り上げられるようになってきていますが、長期の経験の必要な作業はまだまだ残るようですね。

BingやGoogleでも検索

上記サイトでお探しのものが見つからない時は、BingやGoogleも良いでしょう。

●Bing
https://www.bing.com/

Bingに行くと、検索窓にキーワードを入れた後でも、下の方に気になるニュースが書いてあったりして、ついつい見入ってしまうのは私だけではないでしょう。

暇な時、何か面白いニュースはないかなという時は重宝します。

日替わりで、サイトの背景にきれいな画像や動画が表示されているのも、気になるでしょう。

●Google
https://www.google.co.jp/

ただ、大体の場合Googleの方が、マニアックな記事や専門分野のコンテンツを見つけやすくはなっています。

ユニック車も運転する人を選ぶ

ユニック車は運転も操作も免許が必要です。

いろいろ周りにいる人の安全も考えないといけませんし、力仕事を要する場合もあるかもしれません。

誰でもできる仕事ではないでしょう。

ユニック車はすぐには自動化しないのでは

ユニック車が無口で勝手に動いたら困ります。

周りの人の考えている事を完璧にソフトがとらえてくれるとは思えません。

自動化する頃には社会も生活も一変していることでしょう。

図面が完成する

図面が完成して、工事の許可が下りるといいですね。

自作もいいかも

Googleで探すと、まだいろいろありそうな気配はありますが、たまには自作もいいのではと思います。

Google画像検索で参考になりそうな画像を見つけて、作ってみるのもいいかもしれません。

スキルアップになりますし。

自動ツールのテストをしても、面白そうです。

”4tユニックとは”を調べたい時

4tユニック車に限らず、言葉は覚えているのにそれが何なのか、具体的なイメージがわかない用語等を調べるのにインターネットは重宝します。

追加料金は取られないので、毎日助かります。

例えばですが、”4tユニック車”が一体どんな車なのか、もっと知りたい時もあるでしょう。

そんなときはGoogle画像検索はいかがでしょうか。

●Google 画像検索
https://www.google.co.jp/imghp?hl=ja

普通の検索と同じように、”4tユニック車”のようなキーワードを入れると、たくさん画像が出てきます。

見てわかる物は、これで充分です。

用語の基本的な意味は、”4tユニック車とは”のようにキーワードの後に”とは”を付けGoogle検索すると、言葉で説明しているサイトがたくさん出てきます。

検索テクニックを開拓して、図面に使える図形が見つかるといいですね。

ユニックは力も必要

Google画像検索で”4tユニック車”と検索すると、クレーン付きトラックの画像がたくさん出てきます。

ユニック車は力持ちの車ですが、操作するにはそれなりに力持ちの人でないと危ないでしょう。

移動で、もうちょっと力が欲しい時は、力持ちの人がいるといいですから。

機械は省力化に貢献しますが、それを使ったり管理する人はいくら機械が優れていても最後は人がいないと駄目です。

ちょっと脱線してしまいましたが、どんなデータを選ぶかも機械より最終的には人間の方が優れていると思います。

頑張ってください。

メーカーサイトなら実機のデータが得られるかも

工事で使うユニック車の機種名がわかっていれば、メーカーサイトで実機のCADデータが入手できるかもしれません。カタログをなぞる方法も検討できるかもしれません。

ユニックのイメージはGoogle画像検索でも

↓Google画像検索で”4t ユニック車”で検索すると4tユニック車の画像を見られます。
●Google 画像検索
https://www.google.co.jp/imghp?hl=ja

“4t ユニック車 CAD”のようなキーワードならCADの画像も見られます。

データ探しも締め切りを決めると質が上がる

データ探しは締め切りを決めないと、だらだらいつまでもこれでもないあれでもないとなりがちです。

図面の締め切りから逆算して制限時間を決めると、効率よく探す方法を考え始めるので見つかるデータの質も上がると思います。

4tユニック車とは

Google検索やGoogle画像検索で”4tユニック車とは”で検索するとある程度わかるようになるでしょう。

実物をよく見れるともっといいのですが。

ネットで調べれば手間もお金もかかりませんし、仕方が無いでしょう。

お金をかけなくてもネットで優良なコンテンツを見れるのが、数十年前と大きく変わった出来事の一つです。

そのうちVR検索なんて始まるのでしょうか。

3Dプリンタのデータをダウンロードできるサイトもできるのでしょう。

お金と時間と勇気があれば実物を見に世界を旅する人はいるのでしょう。

VRで世界一周したからもう旅行はいいやと思うようになるのは悲しい事です。

図面の担当者になるまでには恐らく現場でユニック車を見かける機会も多く有ったはずなので調べるまでの事でも無いのかもしれませんが。

検索のコツ

結果から次のキーワードを導く事です。

そうすれば何も考えず闇雲に探すよりはいくらか早く結果が出てきます。

あと、すぐには諦めない事です。

諦める時は代案を見つけてからにしましょう。

場数を踏むと、少し検索しただけで厳しいかすぐに見つかるかわかってきます。

検索エンジン屋さんもすぐには教えられないなという場面はちょくちょく見かけます。

自作

良さそうなアングル/サイズの画像を探しましょう。

後はトレースしてなぞりましょう。

これでいいのかちょっと不安ですが。

先輩から頂く

頼みにくいですが、がんばりましょう。

うちの職場はそんなに甘くは無いよという方もおられるかもしれませんが。

がんばりましょう

何とかしようと思えばなんとかなるものです。

私も思いつかないようなアイデアもきっといくらでもあると思います。

良いデータを見つけたら整理して長期保存

良いデータを見つけたら、再度利用できるよう保存しておきましょう。

3重化ぐらいすると完璧です。

そもそもダウンロードしたサイトに戻るだけでも、ブックマークやお気に入りの登録が無ければ戻れないでしょう。

長期保存のデバイスは、MOやミラーリングのNASがおすすめです。

ユニックは法人ユース中心

ユニックを使って移動する物を所持しているのは法人が中心でしょう。

個人が管理できる物は限界が

個人でユニックを使うと、お金も時間もその他いろいろかかってしまいます。

個人で持てる物はやっぱり限界があります。

身軽な方がいいのか

私はパソコンを自作するので部屋に何台もパソコンがありますが、もっと身軽になった方がいいのか最近考えるようになりました。

どのパソコンも思い出があったり用途があったり、なかなか捨てるわけにはいかないのが現実です。

メーカーサイトで実機に近いデータが入手できるといい

もし工事で使うユニックの機種がはっきり決まっている時に、メーカーサイトに実機に近いデータが有って使えるようでしたらいいですね。

近い機種であっても図面上で違いはわからないかもしれませんが。

最初が一番大変だと思う

初めて図面を作る時が一番大変です。

2回目からは1回目で経験しなかった事に注視すればいいので、回を追う毎に楽に速く図面を作れるようになると思います。

申請がうまくいくといい

申請がうまくいくといいですね。

最初のうちは先輩に見てもらってもいいですが、いずれ自立しなければなりません。

自分なりに勉強して、もっといい方法を探り続けていきましょう。

今日も安全に

今日も事故無く現場の仕事が進むといいですね。

広告